短歌の読み方について質問です。 「病院」と書いて「ここ」と読ませるのは問題ないでしょうか? NHKの誌上短歌大会に応募を検討しております。 教えていただけると幸いです。 宜しくお願いいたします。

日本語 | 文学、古典76閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

ID非公開

2021/9/26 23:41

その読み方にもしなんらかの妥当性があればいいと思います。 例えば生まれてからずっと入院生活を送ってこられた方にとってみれば、一般の方が場所を表す高頻度な「ここ」とはすなわち「病院」を意味すると言えるかもしれません。その人にとって「ここ」はいつだって「病院」なのでしょう。このような背景を想起させる文脈が読み手と共有されているのであれば、妥当性があると言えるでしょう。(難しいと思いますが…) ちなみに最近流行りの『東京リベンジャーズ』は「現在(みらい)」と読みますし、『北斗の拳』は「強敵(とも)」と読みます。これらからユニークなルビに妥当性をもたらすコツには「対照的な意味であること」があるかもしれません

1人がナイス!しています

1

短歌では、例えば北海道と書いて「きた」と読ませるなどのことがよくあります。それを思えば「病院」と書いて「ここ」と読ませることもありでしょうね。 もちろん、ルビをつけなければなりませんけれどもね。

1人がナイス!しています

2

ずるいルビ、「ずルビ」です。漢字として、読まないものは読みませんので、頂けないと存じます。

2人がナイス!しています