ロレックス「デイトナ」が凄く品薄みたいですが、何故ですか?ロレックスブティックでも「何故入らないのか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ロレックスデイトナから、何か社会の暗部?が多少わかったような気がします。

お礼日時:10/4 17:13

その他の回答(6件)

1

資本主義社会の常で需要と供給・策略です・・・ ロレックスの世界的人気は凄いですが、これの火付け役は 自然発火ですがチャイナ富裕層です。 日本では今、ロレックスマラソンとかって品の無い連中が朝から晩まで 走ってるそうです。 当然、老舗の様な正規店は本顧客と品位がありますから 事実店頭に置いてません! 応接室に通される上客のみが見る事を許されるのです。

1人がナイス!しています

1

簡単な話です、日本人は水道哲学、売れる物はジャンジャン作れ ですが、これだと、皆に行き渡るとピタっと売れなくなる ロレックスが上手いのが、数作らない。 デイトナが買えないのは30年前から何ですが、ずっと数を増やさない、その時でさえ、利口なやり方だなと思ってたが、その時はまだ他のモデルはいつでも安く買えた。 その時でさえ、日本に入ってくるデイトナの数は、月に数本とか言われてました、 外国にはまだ売ってましたが、日本のバイヤーが世界中で買い漁り、世界的にデイトナ不足になりました。 その数十年後、デイトナの数を抑えた事により、他のモデルを皆んなが仕方なく買う様になり、今ではデイトジャスト、パーペチュアルでさえ買えないモデルが有る位の人気になりましたね、その上、途上国だった中国が日本を抜いて金持ちになり、あの人口で富裕層が生まれたら、日本のデイトナ益々買えれません 商売上手です、デイトナの生産数抑えたらこんな結果になると、予測してたなら、凄い事だし、ユダヤ人しか考えれない 入って来る数が少ないのに、欲しい人が沢山居ますから買えないのです、買えないなら要らない他を買うとならないのがロレックス でも、中古含めて世界で一番デイトナ保有国だと思います。

1人がナイス!しています

1

簡単に言えば、人気がありすぎです。 そして、その人気はロレックスファンや、デイトナファンによるモノよりも、投機筋と転売ヤーの扱うオモチャになっていている事での人気もあります(もちろん、需要の変化はありますけど)。 デイトナが普通に購入できたのは、’80年代の頃、手巻きのRef.6263やRef.6265が現役で生産されていた時代までですね。 この時代なら、正規店でも、普通に買えました。 このころだと、人気が無いモデルでしたから、質屋の片隅で埃をかぶりつつ、中古なら20万でお釣りが来ました(現在だと、数千万はしますから、恐ろしい程のプレミアム価格になりました)。 変化をしたのは、自動巻きモデルにモデルチェンジをしてからで、’80年代後半から’90年代に入って辺りからで、見向きもされなかった手巻きモデルが、いざ生産中止となると再評価をされて脚光を浴びて、これに、煽られるように自動巻きいモデルも大人気になりロレックスの中では、正規代理店での入手が難しい、また並行輸入品では、多かれ少なかれプレミアム価格でなら手に入る状態になってます。 まあ、それでも、現在ほどではありませんでしたけどね。 段々と入手が難しくなって、ここ数年ではさらに拍車がかかった感じです。 ロレックスの中でも、これほど人気が高いモノはありません。 というか、もう途中から投機筋と転売ヤーのオモチャになってます。 さらにデイトナに限らず、(一部を除き)ロレックス全体としてあまりの品簿という状況です。 これは、中国を初めとして、東南アジアなど経済発展が著しい地域で豊かたになって、購買層が拡大もしているからで、かつての様に、欧米日の先進国だけで売れるモノでは無くなったということです。 で、完全に需要と供給のバランスが崩れているところに、投機筋と転売ヤーが引っ掻き回しているとも言えます。 で、あまりの品簿感から、妙な陰謀論まで囁かれましたけど、最近、ロレックスが異例の公式見解を述べてます。 ロレックスは、株式非公開、非上場の企業で、株式の全ては財団法人持ち、経営している事もありますが、伝統的に秘密主義だし、「言葉では語らず、製品で語る」というスタンスでしたから、公式見解を述べるのは、ロレックスの歴史の中でも異例中の異例な出来事です。 公式コメントは、各メディアでありますが、とりあえず、この辺を参考に、 https://www.webchronos.net/features/70429/ で、まあ、優秀な時計職人が育つまでウン十年とかかりますから、人気と需要に応えようとはしても(生産体制の強化をしても)、その需要が加速度的に増えてしまうと、もう限界を超えた需要になってしまったという感じですね。 デイトナはともかく、デイトナ以外のプロフェッショナルラインのモデルが(一時的な人気と品簿、プレミアム価格で高騰や、逆に暴落は、今までもあるけど)全体的に恒常的に品簿とか、クラシックラインのモデルが、まさかの品簿でプレミアム価格で取引とかは、ほんと、今の今までまず無くて、ここ10年から数年での出来事です。 でも、今までも、とんでもない人気と価格高騰、そして、価格の大暴落(正しくは、普通・正常に戻った)は、繰り返してきてますからね。 まあ、一朝一夕に、この品簿感が解決する問題でも無いでしょうけど、どこかで、誰かが「なんで?!」から、「バァカらしい」と思い出して、これが増えれば、いずれは落ち着くかもしれませんけど、それがいつかは?! 中国、アジアの需要も満たせずですが、これから、さらに経済発展をしてくる国々(アフリカ勢)や、足踏み気味だったブラジル以外の南米諸国とか、豊かになって需要が益々増えるかもしれないし、まあ、先はどうなるかは、見えませんね。

1人がナイス!しています

0

今やデイトナに限らず、ですね。スポーツモデルだけでなく、ステンレス製の比較的にお手軽だったはずのモデルは すべて投機の対象と成り果てました。 まぁデイトナは大昔から、ですけど・・・欲しがってる人が多いのに モノがないから、です。 で。 【ロレックスがついに製品不足について声明を発表 - 陰謀論は存在しない】 この記事、面白いですので 一読願います。 https://www.hodinkee.jp/articles/rolex-finally-comments-on-the-product-shortage-and-conspiracy-theories-need-not-apply