ID非公開

2021/10/11 18:02

55回答

今年も凱旋門賞で日本調教馬が負けましたが、このレースに挑戦する意味というのはなんでしょうか。

競馬 | オリンピック155閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 迷いましたがこちらの方をベストアンサーとさせていただきます。 日本以外の国、新大陸やオーストラリアからの遠征がほとんどないのも、この競走が、ある意味非常に保守的であることを示しているように思います。 そこに日本が出かけて行って勝つ意味、というのを関係者の自己満足以外にかんじられません。なおかつ、同じような形での敗戦を繰り返している。様々な憶測が浮かんできてしまいます。

お礼日時:10/19 11:13

その他の回答(4件)

0

申し訳ありませんが、長文を打たせてもらいます 日本馬の凱旋門賞優勝 はっきり言ってもう無理でしょうね 50年以上も挑戦して一度も勝てないんですからね それは日本馬が弱いとか、適正力がないという事でなく、凱旋門賞というレースじたいビジネス化してしまい、疑わしいものになってるのではないかと思います 日本が凱旋門賞にこだわりすぎてるので、フランスの競馬界に上手に操られてしまってるように思います レースの登録料、調教の委託料、そのほか莫大な遠征費をつぎ込んで、毎年のように挑戦してくるので、フランス競馬にとってはとてもありがたいお客様です もはやビジネスとして日本勢は欠かせない存在です フランス競馬界に上手に手のひらで転がされて、毎年勝たせてもらえないんだなと私ははっきり思いました あのオルフェーヴルの時でさえ、本来ならばあのまま楽に突き抜けてゴールです ソレミアに交わされるなんてありえません まるでスミヨン騎手が手綱を引っ張って、ソレミアに行かせたように私は見えました そのソレミアは日本のジャパンCで13着の惨敗でした いくらなんでもありえませんよ フランスの競馬界は日本馬を勝たせたくないんだなぁと思いました もう完全にビジネスですね 今年(2021年)の凱旋門賞も3頭が突き抜けましたね ドイツの人気薄の馬が1着でした この3頭の中に日本馬が加わって、4頭で叩きあってもおかしくありませんよね 日本馬だって、そんなに能力の差はないと思います しかし、まったくいいとこなく終わりました まるでこの3頭の蹄鉄(スパイク)に裏仕掛けが施され、バネのように飛びはねるような仕上げがされてるかのような抜群な脚でした その昔、日本でも実際にG1の勝ち馬が疑惑視をもたれた事がありましたが、結果的に大問題に発展しませんでした まぁ裏で大きな圧力がかかったと思いますが、その時の勝ち馬はいつもとは違う凄い末脚でしたよ あぁこういう事ができるんだなぁ... と思いました 今年の凱旋門賞を見て、その時の事を思い出しました 50年以上も勝てないのに日本馬が1番人気や上位人気になり、毎年勝てない 海外のメディアや競馬ファンの中では、日本馬は勝てないというジンクスが出来上がってるはずです それでも単勝1番人気?上位人気?おかしな人気です フランス競馬界からの、ささやかなおもてなしとしか思えません 私は日本勢の凱旋門賞挑戦は辞めたほうがいいと思います 勝たせてもらえないと思います

0

ディアドラのパターンは先ず倶楽部の馬では一口馬主さんの了解(追加の支払)が困難です。 個人所有馬なら可能性は有りますが日本で3冠レースに挑戦となってしまうでしょう。 欧州血統でそこそこ強い馬ならオーナー様に恵まれたらありえますね。 いっそダーレー・ジャパンの馬で挑戦しますか。

0

欧州は競馬の元祖なのです。 競馬が生まれた地で最高峰のレースを勝ちたい。 ってことに尽きると思います。 また、近年はトライアル挟まずにいきなりクラシックにぶっつけとか流行ってきてます。最初はみな否定的ですが、成功する馬が現れるとそれが当たり前になっていく。 過去はどうあれ、凱旋門賞もまたその過渡期なのだと思います。ノウハウを貯めれば渡仏してすぐにレースに臨めるっと。 ノウハウがたまれば挑みやすくなりますし、挑みやすくなれば制覇も見えてきます。

0

競馬の最高峰のレースで勝つこと以外意味はない! 日本競馬会のロマンですよ(笑)