ID非公開

2021/10/8 21:41

22回答

閲覧注意です。

画像

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

今夜は簡単にしか書けないのですが。 エピュデュオゲルを使いだしてから、今と変わらないニキビ以外の皮膚は、そのような感じだったのですか。 エピュデュオゲルは、アダパレンと、過酸化ベンゾイルという、どちらも肌の弱いにほんじんでは、80%が炎症を起こし肌荒れと、炎症で真っ赤になるはずです。 あなたは、ニキビ以外の部分はきれいです。 この辺のことも分からないと判断が難しいです。 アダパレンは、ビタミンA様物質で、レチノイドなどと同じもの。 細胞の新陳代謝を早め、ターンオーバーを早くするもの。 20代では、ターンオーバーによる、一皮むけるのは1か月ほど。 しかし、実際には、皮膚を柔らかくしてはがすもの。 多くの人は、真っ赤になります。 過酸化ベンゾイルは、弱い酸でニキビを覆う、肥厚化した角質を溶かし、はがすもの。 どちらも、角質をはがし、内部の脂肪が外に出やすくするもの。 毛穴内部に、たまると、脂肪を好きなニキビ菌(アクネ菌)が、食べて増殖します。すると免疫が殺すために戦い、死骸は膿になります。 こうなると、ニキビ跡が残りますから、脂肪が外に出やすくします。 どのような薬も、ニキビができなくするものではないです。 ただ、アダパレン=ビタミンA様物質は、肌をきめ細かくするといわれます。 3か月必要とも。 以下は、アダパレンのみの製剤である、ディフェリンゲル。 ディフェリンゲル ココロ皮膚科 http://cocoro-hihuka.com/acne2.html ニキビと、吹き出物は医学的には同じもの。 毛穴に、脂肪がたまったもの。 原因により違いはあるでしょうが。 あなたのは、できた場所から見ると、吹き出物。 夜更かしや、夜食などによる食べ過ぎ。のような。 過酸化ベンゾイルは、ニキビ菌を殺菌することもできます。 結局書いてしまいましたが、参考に。