最近、地球温暖化の進行により国際的に気温を下げる取り組みが行われていますこれは 地球をテラフォーミングしようとしている と捉えることはできますか?

天文、宇宙53閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

惑星のテラフォームについても、今はとても楽観的な「基本原理」だけですが、実際に惑星環境を「我々の勝手な感覚で」改変することはいろいろな問題を含みます。 「改善」とか「改悪」とか…問題は「何に対して良いのか悪いのか」が重要です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:10/17 9:02

その他の回答(4件)

1

国連で、どの国も、2010年から出した二酸化炭素の70%は、どの国も公平に強制回収させる、とすれば、温暖化は止まります。 今更ですが、温暖化主原因は二酸化炭素です。 https://youtu.be/VGWzksHmP4w 日本政府の正式のSTOP温暖化ページ↑二酸化炭素が原因と解説してます。二酸化炭素が主原因で100%間違いありません。寒冷化も1000年以上はしません。 どの国の政府の正式なページにも同様に二酸化炭素と言って動画解説が出てます。 温暖化ストップのため二酸化炭素排出をかなり減らすのは日本国内ならどなたでも今すぐ10分以内に実際できます。 電力会社を、再生エネルギーをほぼメインできれば100%にしてる会社に切り替える。どの家庭でも、家に届く電気料金請求書を見ながらインターネット上10分間でだけですぐに完了します。電気代が安くなったと喜んでる方もいます。 お風呂をガスを使ってる場合、お風呂を温める電熱せん(1万円~)を買って電気で温める。この方が半額でお湯が沸くと喜んでいる方もいます。お風呂だけでも日本の家庭部門二酸化炭素排出を約30%削減出来ます。 鉄製品は、くず鉄から電気エネルギーで作れます(現在も25%くらいはそのような鉄です)ので、これを再生エネルギー100%で作っている商品だけを買う。これは現在はどの商品か解らなくなっているので政治を変えないといけません。輸送部門が二酸化炭素排出18%とすると鉄生産は13%とかなりウエイトが高いので鉄を再生エネルギー100%だけにより生産かつ減産にするしかありません。 (ヨーロッパは国境炭素税を課しますので政治家もわかりやすく説明したほうがよいと思われます) ※このコメントは、100%再生可能エネルギー(ガス不使用)の環境の元にコメントされております。勿論日本国内ならどなたでも10分以内に直ぐにできます。二酸化炭素を出さない暖房はぜひ皆さんご使用下さいませ。

1人がナイス!しています

1

グレタトンブリなんかが喧しいのでそう勘違いしたのですね 国際的にそのような取り組みは全く行われていません 逆に用もないのに新しいEV等をどんどん生産、販売させて 地球を暖めているのがゲームチェンジャーと呼ばれるEU諸国です

1人がナイス!しています

1

気温を下げる取り組みではなくて上昇幅をマイルドにしようという取り組みだと思います。もはや人為的に気温を下げることなどできません。下げるどころか全ての人間活動をストップさせても今後数十年間は気温の上昇は続きます。

1人がナイス!しています

1

>国際的に気温を下げる取り組みが行われています そんなことはおこなわれていません。 二酸化炭素排出規制などまやかしです。最終的に二酸化炭素になる石油や石炭・天然ガスは掘られ続けています。OPECが温暖化防止のために石油減産しているなどと言う話は聞いたことがありません。 交通事故を無くしたいから取り組みをする 自動車を無くせば交通事故の99%はなくなりますが、誰もそんなことは言いません。信号つけろ・安全教育しろ・自動運転にしろというだけです。自動車を無くせば全員が困るのを知っているからです。 化石燃料を無くせば良いけれどそれだと文明を維持できないのは皆わかってるからできもしない排出規制とか言って先延ばしにしているだけです。

1人がナイス!しています