鬼滅の刃について。痣を発現させたもの(炭治郎や義勇)は25歳前後でやはり亡くなるのでしょうか。それとも縁壱のように例外があるのでしょうか。

アニメ | コミック514閲覧

ベストアンサー

0

たった1人ですがヒメジマさんも27歳で痣を発現させておきながら無惨討伐の朝まで生きて全力で戦えていましたし、そもそも何故25歳までに亡くなるのかも説明されていないところが正に神のサジ加減(痣は25歳までに無惨を倒さなかったら死ぬという呪いをかけられた証拠みたいなもの)で決まるのではないかと思わせる点なんですよね。 ヒメジマさんなんかは無惨戦を控えた痣の発現特訓で無一郎が教えてくれた条件を満たして痣を発現した時点ですぐ死んでいてもおかしくないのにちゃんと無惨討伐が成るまで生きていられたのが都合が良すぎます。(黒死牟は今の年齢なら朝までに死ぬだろうと予測していた)

その他の回答(4件)

0

その辺の考察の定番は最終話で現代に生きるキャラ達が出ますがそれら生まれ変わりや直系子孫キャラの紹介で炭治郎の子孫と伊之助等の子孫との表記が子孫と曾孫と違う事を挙げている 曾孫ならばハッキリと何代目か分かるけど子孫だと間の代替わりが曖昧で子孫表記の初代は(鬼滅キャラ達の)早くに子供作ったのでは?って事も想像出来るしこの辺は結婚時期や子供が生まれた時期にもよるし痣が出てない善逸も子孫となってるし(一年後結婚してすぐに禰豆子はすぐに子供産んだとか)伊之助や村田は子供が遅くその次の子孫も遅い子供で世代がズレてるとか?その辺は曖昧です 炭治郎とカナヲの子孫 禰豆子と善逸の子孫 伊之助とアオイの曾孫 村田の曾孫と表記 あと表記ある他のキャラは皆子孫表記で村田と伊之助だけ曾孫表記で生き残った義勇と実弥にも子孫がいるので子供がいたことは想像できるけど何時まで生きたのかは不明、炭治郎についてはその後の話の漫画で禰豆子たちに出来るだけ金銭は遺しておきたかった、と片手で働く描写や(遺すは遺産の遺)「俺がいなくなってもずっとみんなの平穏な日々が続きますように」って心中セリフがあり自分の死は予見してる様子なのでやはり25歳前後で死んだのだろうし事実は作者しか分かりません

0

実弥と義勇はけっこう長生きしたんじゃないかと思います。 というのはこの二人、最終決戦の時に痣を発現していますが、最後の柱合会議の時には痣が消えているからです。 その後も痣を発現するようなことをしない限り、平均寿命くらいは生きたんじゃないでしょうか。 一度痣が発現すれば、たとえ痣が消えようが無条件で25歳までに死ぬ、とかいうのであれば別ですが。 問題は炭治郎です。 歴代の痣者が25歳までに亡くなったのは、痣が発現した後も鬼と戦い続けたからです。 炭治郎は痣が発現した後に無惨を倒して、それ以降は静かで穏やかな生活に入っていきました。 これは前例の無いことであり、それまでの例をそのまま当てはめて考えることは、必ずしも正しいとは云えないのではないかと思います。 作品中では痣の発現を「寿命の前借り」と呼んでいます。 痣が発現して、鬼と戦う時のように寿命を例えば10年、15年という感じで「前借り」すれば、あっという間に寿命の残りは無くなってしまうでしょう。 しかし痣が発現していても、激しく戦うようなことがなければ、寿命の前借りも半年、1年とか緩やかになるのではないでしょうか。 もしそうなら、平均寿命くらいまでは難しいかもしれませんが、30代か40代くらいまでは生きることができたかもしれません。 炭治郎の父の炭十郞は痣者でした。 炭十郞の享年は不明ですが、鬼狩りのような激しい人生を生きた訳ではありません。 もし炭十郞の享年が30代か40代くらいだったのであれば、炭治郎が25歳までに死ぬということもなかったのではないかと思います。 ちなみに平均寿命と云っているのは、あくまで目安です。 人の寿命が全員似たり寄ったりなのか、個人差があるものなのかは分かっていないからです。

1

痣が発現した者は全員25歳までに死にます。 そのため、義勇と実弥は25歳までに確実に死にます。 唯一の例外は継国縁壱だけです。 これは、縁壱には生まれつき痣があるからだと言われています。 炭治郎が25歳で死ぬと考察されている方が多いのは、以下の2点の理由からです。 ①炭治郎の痣が生まれつきのものではない 縁壱のように生まれつき痣がある者は、痣を発現させても長生きできる可能性が高いです。 炭治郎の痣も最初は生まれつきとミスリードさせるような描写でしたが、炭治郎自身が作中で否定しています。 ②ファンブック2での「その後」の漫画 ファンブック2で無惨戦のその後の漫画が掲載されているのですが、炭治郎の体にダメージがあることと、死期を悟ったような描写があります。

1人がナイス!しています

0

そういう設定があるのなら、通常通りですとそうなる。という考えでしょう。 しかし漫画の設定なんてのは作者のさじ加減でどうとでもできます。 漫画内で実際に書かれていないことは無いものとして考えるものです。 作品において もし○○だったら、というのは考えること自体が無意味になります。