ID非公開

2021/10/12 17:47

77回答

原発のメリット・デメリットを教えてください

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/15 8:15

原発は怖いのですね。 ご回答ありがとうございます。

その他の回答(6件)

2

まず基礎知識 ウランは大まかに235と238その他234などもあるが利用可能なのはこの2つ。 ウラン235がおおよそ0.7%で残りが238どこでも産出してもこの割合は同じ、地球誕生時は全て同じ割合だったが半減期の違いで現在の割合となっている。 軽水炉で使われるのがウラン235でこれは後60年もすると枯渇する、そこで研究されてたのが高速増殖炉もんじゅ、使用済み燃料棒が資産として計上されてるのはもんじゅで使うことを当て込んでいた為。 高速増殖炉ではウラン238と軽水炉でできたプルトニウムを使用する。 高速の意味は軽水炉では陽子の速度を落としているが本来の速度で移動している為、増殖炉とはそのままの意味で50年で倍増最終的に10倍まで増える。 この増殖炉が出来れば未来永劫発電が可能。 今ある日本の原発は東日本がGM(ゼネラルエレクトリック)製、西日本がWH(ウェスチングハウス)製で問題なのがGM製 日本は当初原発に対して電力会社が難色を示していたが科学者が技術が立ち遅れてしまうと強力に後押ししてイギリスの軽水炉を購入予定がアメリカの外圧でアメリカ製を導入、GM製には設計上問題があり日本政府に事故が起こっても一切責任を負わない事を確約させる。 またマニュアルはブラックボックス化されていて工事内容の理由がわからない、穴を掘って建設とあり崖をわざわざ切り崩して建設してしまう(これが原因で津波被害) 現在の第四世代の日本製原発は融点が高くメルトダウンも起こさないし超超超臨界圧火力発電の技術も使われている上に増殖炉としても設計可能。 しかし事故によって新規建設は望めない。 (日本はこのクリーンな臨界圧火力を何も知らない小泉議員によって潰されてしまう。) 使用済み燃料棒は常に冷却している必要があり原発を止めててもプールは脆弱性だらけで危険なのは同じ、であるなら稼働させて補修費用を捻出した方がよっぽど良い。 現在どこの国でも原発を解体する技術はない、中国や北朝鮮であれば人海戦術で可能だろうがボルト1本外すにも10秒程度で戻って来ないと行けないので何も出来ない作業員は多発する、二度とその作業員は作業不可。 ロボットもコンピュータが壊れてしまうので炉心迄はいけない。 結果チェルノブイリの様にコンクリートで何層にも固めて行くのが一番良い。 高速増殖炉を作らないとしたら使用済み燃料棒は地下400mにガラスに閉じ込めて廃棄しなければならずその費用は莫大。 初めからやらなければ良かったがやらなければ今の様に経済発展しなかったかもしれないし、やってしまった以上は再稼働して新規原発も作った方が良いでしょう。 もんじゅは技術も古いしナトリウムで目視不可で事故が起これば日本は本州が分断されるのでやめて正解。 20年間ストップしてた核融合開発も5年ぐらい前に岐阜で再開してるので核融合が出来れば完全に安全な発電が可能となる。 日本は核兵器を持たない代わりに原発を持ち核兵器はいつでも作れるぞというスタンスだったが軽水炉で出来るプルトニウムは不安定で核兵器には使えない。 アメリカから借りていたプルトニウム(兵器7発分)はもんじゅ廃炉決定でアメリカに変換しているので事実上核兵器製造は不可能。 今後高速増殖炉を作っておかないといつでも作れるぞという抑止力とならない。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/16 8:45

詳しくご回答ありがとうございます。

1

メリット 安価に安定して大電力が、取り出せる。 なのに運転時はCO2排出しません。 既存の施設が使えるので、圧倒的に発電コストが安くなります。 デメリット 原子力だと云うだけで核アレルギーの日本では、毛嫌いされる。 過剰な程に安全性を求められる。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/13 6:10

なるほどです。 ご回答ありがとうございます。

2

メリットは、原発で儲けることが出来る人が儲かるという事だけで、デメリットは、 1.事故が起きなくても放射性物質を大量に放出し、事故が起きると核兵器より膨大な放射性物質を放出し、健康被害も事故対応費用も膨大になる。 2.運転すればするほど大変厄介な放射性物質を大量に作り出す。 3.天然ウランの濃縮や核燃料被覆材の製造のためのハフニウム除去などの核燃料の製造や使用済み核燃料の冷却や再処理のために膨大なエネルギーが必要になる。 4.使用済み核燃料の長期間の冷却や再処理や廃炉や高レベル放射性廃棄物の超長期保管等のように、国民が見えにくい所で非常に多大なコストがかかるので、国民に大きなつけが回って来ている。 5.熱効率が悪くて海水を温めるので、水蒸気を大量に発生させて地球温暖化と豪雨の原因になっている可能性がある。 6.3.や4.や5.によって地球環境を破壊するとともに、地球温暖化の最大の原因になっている可能性がある。 7.核兵器の元となるプルトニウムを作り出す。 8.地震に非常に弱くて、地震で数多くの原子炉が再起不能になった。 (東京電力だけで言えば、17基中15基が地震で再起不能になったと私は考えていますます。) 9.高額な地方交付費用がかかり、原発推進のための宣伝や広告などための費用が非常にかかる。 10.ウラン資源の枯渇対策として再処理を行ってプルサーマル運転を行うと、事故の可能性と事故の規模が大きくなり、長寿命の核種を含む高レベル放射性廃棄物が増え、使用済み核燃料の冷却期間は約500年も必要になるという話がある。 11.輸入MOX燃料はウラン燃料の10倍程度の価格ではないかという話もある。 12.原発の稼働や事故対応作業や除染作業等で被曝労働が必要になるため、労働者の健康を犠牲にしなければ原発は成り立たないが、MOX燃料を使用すると、中性子による被曝量が増加する。 13.使用済み核燃料の保管場所が無くなってしまい、リラッキングを行っている原発が多いが、リラッキングによって危険性が高まり、事故の規模が大きくなる。 といった所ではないでしょうか。 尚、多くの日本人は福島第一原発事故を経験して放射能の恐ろしさを身をもって知ったから、原発作業者の確保は難しいと思いますし、低線量被爆でも癌の発生率が上昇する事は、 https://www.huffingtonpost.jp/nature-publishing-group/radiation_b_8254078.html https://www.afpbb.com/articles/-/3180146 を見て理解してください。

2人がナイス!しています

2

メリットは、誘致した地域に莫大な助成金がもらえる。 デメリットは、その地域及び近隣は、常に放射能漏れの危険にさらされ続ける。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/12 18:40

ご回答ありがとうございます。

1

メリット 他のエネルギーに比べ、超デカいエネルギーを取り出せる デメリット 事故が起きた時のリスクが大きすぎる 使用済み核燃料の廃棄場所の問題

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/12 17:51

ご回答ありがとうございます。