賃貸契約の名義変更に伴う、新契約の契約期間について

賃貸物件100閲覧

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 今回の場合、更新料(家賃1か月)よりも名義変更手数料(家賃1.1か月)の方が高いので、抜け穴は塞がれている気がするんですけどね… 法人契約時も更新料はこちらが負担していたので、正直「更新料も2年ごとに払って、何のトラブルも起こさず住んで、ただ名前変えるだけで更新料以上のお金とるの?!」という気持ちが強くて… エアコンクリーニングも別途のところが多いんですね。前住んでいたアパートは、エアコンクリーニングもハウスクリーニング代もとられず、敷金も丸々帰ってきていたので、今回全て借主負担でびっくりした次第です。前も別の大手不動産屋だったのですが、違うものなのですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 逆の立場で考えてみたら納得できました。

お礼日時:10/22 20:16

その他の回答(1件)

0

1年未満の普通借家契約はダメだったように思えます。 別に禁止はしてません。 ただ法律上の扱いは一年未満の賃貸借契約は期間の定めがないと扱われるだけです。

ご回答ありがとうございます。 そうすると、契約書には契約期間7か月とあっても、期間の定めがないと扱われ、7か月後の契約更新もせずに、極論言えばずっと住み続けられるということでしょうか。