車の左折時の大回りは、比較的女性ドライバーに多く見受けられるように思います。教習所での指導などで、左折時の自転車や、歩行者との接触事故を軽減する為に必要以上の大回り等の指導はされてないのでしようか?

運転免許150閲覧

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

分かりやすく説明して頂きありがとうございました。私も、過去に左折時に怖い思いをしたことがあります。ご指摘のように皆が心がけくれたらいいですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/17 12:17

その他の回答(8件)

0

単に下手くそなだけです この癖が付いてる奴は、早くハンドルを切りすぎる癖が有る奴です 左折→早く切りすぎて修正の逆ハン→左折 これが上手くなって逆ハン大回り左折をします 教習所はあくまで、安全運転が出来る様にする為の場所なのて多少下手くそでも合格させます そして問題は、女性に甘くなるので、下手くそでも対して指導されず免許が取れて大回りを覚えてしまいます

0

「比較的女性ドライバーに多く見受けられるように思います」 普通はいちいち、周囲の車の運転席の人間を識別したりはしないので、質問者さんがどうやってその傾向を掴んだのかが疑問に思います。同乗者として沢山の車、様々な運転者に、何百人も接して得た結果なんですか?。サンプルは何百人居るのですか?。 「必要以上の大回り等の指導はされてないのでしようか?」 いや、必要以上もクソも、そもそも右左折で反対方向に膨らむ「大回り」を教習でやったら、その場できつく叱責されるはずですよね。アレは絶対的に、教習所を卒業して以降の悪習だと思います。 左折では、教習では左に寄れと厳しく言われそそれに従っていたが、免許を取ったら誰も細かいことは言わなくなって、近接する歩行者や自転車に対する警戒心が強く出て避けるクセがつくとか、周りのバ●な大人が同じことをやっているのでマネるとか、内輪差で後輪が段差で跳ねたのを契機に逃げ腰になったとか、そういう結果だと思いますね。

0

左折時の大回りは女性に限りません、 教習所で習ったのは左折前に左に寄るのは バイクなどが入れないほど左に寄れば間違いなく 巻き込み事故は起こりません。 歩行者さえ入れないほど左に寄って左折するのです 生半可な考えでは大回りになります。 またそうする時緊張感が出来て確認せずにおれなくなります。

0

昔も今も教え方は同じでしょう。 ・後方左方確認 ・交差点手前でウインカーをだし左に寄る ・後方左方確認 ・大回りせずに左折 これは右折も同じですよね。 なので当然指導教育はされていますし、 左折時の大回りは検定において減点される項目です。 よって、教習所では大回りはダメという指導や 教育はされています。 大回りする人の心理は、 ・小回りが苦手 ・なんとなくそのような回りやすい ということかと思います。 要は車両感覚を運転が下手な人ということに 尽きるんですけどね。