ホンダが実用化に取り組んでいるMG電池ってどんなものでしょうか? リチウム電池の10分の1の価格になるそうですが、 うまくすると、フィットが47万円になるそうですが(これはただの空想)

補足

メリットとしては ①高価なリチウムではなく安価なマグネシウムを使用するためバッテリーの価格が安くなる。 ②バッテリー劣化による発火の可能性がリチウムイオン電池と比較して低い ③形状に自由度があるため分割式(セパレート)などにも対応可能。 ④高温にも耐えられるため150度以上の環境でも使用可能。 ⑤大容量化にも対応可能。 (リチウムイオン電池に対してどの程度かは不明) ありがとうございます。 数年後にはフィット等に搭載されるのでしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 数年後にはフィット等に搭載されるのでしょうか?

お礼日時:10/21 10:03

その他の回答(2件)

0

>ホンダが実用化に取り組んでいるMG電池ってどんなものでしょうか?リチウム電池の10分の1の価格になるそうですが、うまくすると、フィットが47万円になるそうですが(これはただの空想)実用化のメドはたっているのでしょうか?◇ホンダが実用化に取り組んでいるMG電池ってどんなものでしょうか? @:マグネシウムでせう、多くの企業、大学が研究してますが未だ日の出を見てません、現在の技術の発展型での全固体が現実(トヨタ)でせう kumanonadanadaraさん2021/10/14 10:27