ID非公開

2021/10/14 14:34

44回答

受託開発系の企業では仕様書などをexcelで作成し管理しますが、今だったらもっと便利なソフトがあるのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

ドキュメント、シーケンス図なら専用品があるのにExcelで管理されているとこがポイントですね。 ぶっちゃけ都合がいいことが多いのです。 UML、シーケンス図、アクティビティ図は頑張ればExcelで普通にかけますしプラグイン入れればそれなりに簡単にかけます。 列と行を調整すれば方眼が簡単に作成でき一つのファイル資料として使用することはたやすく資料書くのにWrodみたいな書式制限がないので文章と図表を簡単に組み合わせられますし、注釈なんかの挿入も簡単です。 リンクで別タブや外部Officeドキュメントに飛ぶのも楽ですし、ここまで出来るのにドキュメントをオープン書式にして外部ツールでもOKです。 Officeドキュメントは対応しているツールが多くどの企業でも中身を気にせず見れるのは大きいです。 なんなら正規の表計算の機能を使用してデータを添付編集だってできます。 ものすごい昔ってWordなんかで文章書いて図表は別管理とかやっていたとこもあったけれど、詳細設計書きづらいしファイル管理も大変だったので1ファイルで管理できて書きやすいExcelで書くのがIT大手で流行ったからそれが広まった感じですね。 だって大手から受注した仕事1件のためだけにシーケンス図を見たいから専用ソフト(結構お高い)買わなきゃいけないって馬鹿らしいし大手だって気軽に資料渡せないじゃないですか。

それにOfficeソフトそれもExcelならお役所なんかの事務オンリーな場所でもインストール作業無し、ネットアクセスなしで閲覧編集できるのがいいところです

0

便利ではないのですが、チケットと一体で管理できるということで、Markdownで書いてGitHubやRedmineで管理するというのはよくやりますね。 SIerでも顧客の希望で、Scrumで回したりしますから、昔のようにヘビーなドキュメントは好まれませんね。

ID非公開

質問者2021/10/14 15:15

大雑把名仕様の記載ならgithubとmarkdownで十分なんすね

0

もっと便利なソフトは沢山あると思いますが…。 普及していないのが現状ではないでしょうか。 特に、独自形式のものだと、閲覧する側にもソフトウェアが必要だったりしますし。 使い方も覚える必要があるでしょうしね。 全く同じなら、敢えて他のソフトを選ぶ必要もないでしょうし…。 多くの人が使えて、共通的に利用出来るという点で、Microsoft Office 系に落ち着くことが多いんじゃないかと思います。