整骨院での請求について質問があります。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

初めて脱臼した際は整形外科にて固定、治療を行っていましたが特に指示は受けていません。MRIにて膝蓋骨付近の骨が欠けていると診断を受けました。 整骨院へは付近の骨が欠けてしまい脱臼しやすい状況と説明し、「欠けてしまったので外れやすくなっているため周りの筋肉をほぐして外れにくくする」と院長より説明され施術を受けています。 回数券について質問しなかった私も悪いですね…。ありがとうございます。明細領収書含め考えてみようと思います

ThanksImg質問者からのお礼コメント

質問に応えてくださりありがとうございました。 他の方の解答含め良い意見を頂きました。 アドバイスを参考に今後の方針を決めていこうと思います

お礼日時:10/15 16:39

その他の回答(4件)

6

>慢性的な膝の膝蓋骨脱臼 これに関しては、間違いなく整骨院では保険適応外です。 何故なら、慢性という事ですから。 所謂、膝蓋骨亜脱臼症候群という病態といえるでしょう。 勿論、揉んでも、温めても何の効果もありません。 ちゃんとした診断できる整形外科へ行ってください。 放置すればするほど、難治性になります。 現状何歳で、いつごろから外れ始めたのかが特に大切になります。 場合によっては、手術が必要になるでしょう。 その整骨院は違法業者ですし、貴方をカモにしか見ていないという事です。 仮に亜脱臼症候群なら、問題は脱臼して云々というより、膝関節部での形成異常がある可能性を疑いますので、長期に不具合があるのなら、手術して膝関節の形を変えるしかない場合もあります。なので、整骨院は問題外です。 >肩の脱臼 肩の脱臼は再脱臼を防ぐことが治療上最も大切なポイントになります。 なので、こちらも整骨院で治療しても悪化するのを食い止められないでしょう。実際、再脱臼を抑えるのなら、定期的な検査が最低限必要ですし、場合によっては手術も必要になります。概ね2回以上肩関節脱臼を起こしたなら、治療法は手術しかないと言われています。勿論、これらは、筋肉をほぐしても何の効果も得られないのは周知の事実です。 >毎回渡される請求書には3割負担の自費負担しか書いておらず7割の保険負担分が記載されていないです 請求書ではなく、領収証ですよね?本来、領収証には保険負担分、自己負担分が書かれるのが厚労省からも指示されていますので、お聞きになってみては?ただ、その料金は、保険適応分に加えて、その整骨院が独自に勝手に実費分を上乗せしているのは間違いないでしょう。それらの、不正ともいえる行為を露呈させないために内訳は有耶無耶にしたいところでしょうね。 通常であれば、膝と、肩の2部位なら保険負担分で実費額は1000円以下のはずですし。 保険の不正分が行われているのは間違いないところでしょう。 脱臼としても、医師からの同意が得られていないという事でこの不正についても保険の不正使用と合わせて健保組合にご相談されてみては如何でしょうか? 回数券な手ものも、典型的な整骨院、整体の悪質な手法です。 途中で効果がなくても、返金には一切応じない手口になっています。

6人がナイス!しています

初めて脱臼した際は整形外科にて固定、治療を行っていましたがその後、特に指示は受けていません。MRIにて膝蓋骨付近の骨が欠けていると診断を受けました。 その後他県に引っ越す事になり近所に整骨院があり保険診療も行っていると看板を見て受けた次第です。 整骨院へは付近の骨が欠けてしまい脱臼しやすい状況と説明し、「膝や肩を庇いながら動かしているため変に筋や関節が硬くなっているためほぐして柔軟にする事で怪我の防止になる」と院長より説明され施術を受けている状態です。 アドバイスありがとうございます。保険組合等に問い合わせを検討しようと思います。

3

接骨院経営者です。 まず、脱臼で接骨院を受診する場合脱臼初日なら問題はありませんが、続けて受診するなら整形外科医の同意が必要になりますよ。 整形外科の先生がOKを出せば、脱臼として保険適用で受けられますが、医師の同意がなかったら、自費でもダメです。

3人がナイス!しています

初めて脱臼した際は整形外科にて固定、治療を行っていましたが特に指示は受けていません。MRIにて膝蓋骨付近の骨が欠けていると診断を受けました。 整骨院へは付近の骨が欠けてしまい脱臼しやすい状況と説明し、「欠けてしまったので外れやすくなっているため周りの筋肉をほぐして外れにくくする」と院長より説明され施術を受けています。 医師の同意を得る必要があると初めて知りました。ありがとうございます。

2

下の方がほぼ満点の回答をしています。 補足ではないですが別の視点から。 金額うんぬん以前に、脱臼に医師の同意なく施術してるならその時点で違法です。 違法性をさておき、 膝蓋骨脱臼や肩関節脱臼は、そんな電気やマッサージで病態は改善しません。 気持ちがよくなるだけです。まさに気休めです。 それで実際に改善しているなら逆に診断の方が怪しいです。 脱臼してない、もしくは脱臼はあるが困っている症状は別の原因から発生している。可能性があります。 もし医師が同意してるなら、その医師の診断や治療方針がかなり疑わしいです。整形外科学に精通してない他科の医師が、訳もわからず書いたのではないかと思います (医業類似行為に同意書を書くのはたいていその病態の専門ではない科の医師です)

2人がナイス!しています

初めて脱臼した際は整形外科にて固定、治療を行っていましたが特に指示は受けていません。MRIにて膝蓋骨付近の骨が欠けていると診断を受けました。 その後他県に引っ越す事になり近所に整骨院があり保険診療も行っていると看板を見て受けた次第です。診断を受けた整形外科には相談していないです。 整骨院へは付近の骨が欠けてしまい脱臼しやすい状況と説明し、「欠けてしまったので外れやすくなっているため周りの筋肉をほぐして外れにくくする」と院長より説明され施術を受けています。 アドバイスありがとうございます。あまり改善されたように感じずこのまま通う必要があるのか疑問に思っていたので質問して良かったです。

3

接骨院(整骨院も同じ)は[数日以内に起こった][その原因がハッキリしている][捻挫、打撲、肉離れの怪我と骨折、脱臼]が専門です 但し、骨折と脱臼については医師の同意が必要で、脱臼も同意が必要で、保険対象は応急処置で添木を当てる程度です 整復つまり、はめる事をしたら違法になります [ ]の、条件から慢性的、原因も不明瞭、怪我以外(医師の同意なし)は当然、保険は使えません それ以前に柔道整復師の専門外・能力外の行為を不正で利用した事です 医師のところに行き、同意を得てその整骨院に行き、麻酔もなく、脱臼をはめてもらいましたか? 常識的に、そんな事は普通しませんし医師も同意しません マッサージと電気が治療と思っておられる様ですが、柔道整復師は医師ではありませんから検査、診断、投薬、注射、手術、リハビリなどの行為は医学知識レベルが、医師の行う行為に対して到底及ばない表面的、浅いレベルなので、禁止されています それで出来るのが、電気とマッサージ マッサージも柔道整復師の資格とは別に、あんまマッサージ指圧師の資格を取っていないと違法マッサージになります つまり、温める(又は冷やす)罨法と違法マッサージくらいしかできないのです 仮に医師の同意を得たとして、脱臼の整復は保険を使い、回数券は実費という意味で二重に取っているわけです その様な店はろくな事はありません 整形外科に変われば何の問題もありません そしてこの事については保険証の健保とか国保組合に回数券乗り網のことを合わせて保険適応かどうか聞いて下さい

3人がナイス!しています

初めて脱臼した際は整形外科にて固定、治療を行っていましたが特に指示は受けていません。MRIにて膝蓋骨付近の骨が欠けていると診断を受けました。 その後他県に引っ越す事になり近所に整骨院があり保険診療も行っていると看板を見て受けた次第です。診断を受けた整形外科には相談していないです。 整骨院へは付近の骨が欠けてしまい脱臼しやすい状況と説明し、「欠けてしまったので外れやすくなっているため周りの筋肉をほぐして外れにくくする」と院長より説明され施術を受けています。 整骨院利用が初めてで保険診療にしてはかかるなぁと思っており疑問に思っていまして…、質問に答えて下さりありがとうございます。健保等に問い合わせを検討します。