下図を見て下さい、どうしても理解できません、誰か教えてください。 11位に韓国が入ってますが、17位のブラジルに負けているとは思えません

画像
補足

すみません解りずらかったですよね。 韓国軍に、ブラジル軍やオーストラリア軍が、負けるはずが無いと言いたいのです。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

ブラジルが自国で戦闘機を開発??? AMX攻撃機のことですか? あれが戦闘機ならTA-50だって戦闘機ですよ あなたがどう思おうが韓国は自国で数百両の戦車を生産しておりますし

全部、自国生産ですか?組み立ては生産とは言いませんよ。 戦車の心臓部「パワーパック」は自国で生産出来るようになったんですか? 戦闘機も組み立てじゃなく、自国生産ですか?

0

このランキングがどういう指標をもとに作られているのか よくわからないので何とも言えません。 私が見た別のランキングでは、 韓国が6位、ブラジルは9位でした。 https://www.globalfirepower.com/countries-listing.php このランキングでは、どういう指標が用いられているかが説明されていて、 中には、「国境線の長さ」なんてのもあります。 ブラジルは国境線の長さが16,145キロもあって世界第3位、 一方の韓国は237キロしかありません。 その分防衛がたいへんだとされているのではないでしょうか。 (個人的には、国境線の距離よりも、 その国境の向こうにどんな"国"があるのかが より重要なんじゃないかと思うのですが) ほかにも、ブラジルは…というより南半球の国々は全般に… 戦車や自走砲、MLRSなどの陸上戦力が相対的に弱いです。

(補足)につきまして >韓国軍に、ブラジル軍やオーストラリア軍が、負けるはずが無い そんなことはないでしょう。 韓国軍がブラジルやオーストラリアに遠征して戦争をしたら そりゃ勝ち目はないでしょうが、 逆だと、ブラジルもオーストラリアも勝てっこありません。 勝ち負けは、多分にどこでどんな戦争をするか、 言いかえれば、何を勝利条件とするかにかかっています。 そして、軍備というのはそれぞれの勝利条件をめざして 整備するものです。 たとえば、日本なら、国土への急迫不正の侵害に 数日から一週間程度耐えるのが勝利条件です。 そこまで持ちこたえれば、同盟国や国際機関が乗り出し、 やられっぱなしにはならないからです。

0

ちょっと意味がわからないのですが… 韓国の11位ってのが高すぎる(「韓国が」ブラジルやオーストラリアに「勝てるとは思えない」)って言いたいのですか? 質問者さんの文章だと逆の意味になってますけど… そう言う理解でいいのなら、兵員数や装備の近代化率等々総合的に考えれば妥当だと思いますけどね。 別に自国開発に拘る必要もないですし。(戦車についてはエンジンとかは結局買ってますが一応自国開発してますけどね) まあ、オーストラリアは対中国を念頭に置いて軍備増強の方向性ですから順位は今後上がってくるでしょうけどね。

0

南米は国同士の軍事的対立度が低いため、どこの国も軍にかかる予算はかなり削減されています。ブラジル軍は帳簿上の定数規模も国土の広さからするとかなりショボい上に、保有する重装備の大半は予算不足で作戦投入が不可能な状態にあります。それでも南米最強の軍と評価されている訳でして……。まあ、ぶっちゃけ、こんな情報が外に漏れる時点でどれだけ南米が「軍事的には平和」か、ってことです。 そこらへんと比べたらまだ韓国のほうがナンボかマシ、って言う評価なんでしょうね。この表の編纂者によれば。