回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/16 15:30

66回答

高校生です。私は、親の車に乗らないと、どこにも行けないような超ド田舎に住んでいます。なので、通販で買い物をすることが多いです。

回答(6件)

0

デビットカードの為に、新しく口座開設する位ならプリペイドカードが便利ですよ。 コンビニや金融機関に足を運ばなくても、今の口座からアプリ上でチャージできるプリペイドカードも有るし、バーチャルカードなら申し込み後すぐに発行されるし。 https://www.kyash.co/ https://idare.jp/

0

デビットカードは銀行が発行しているサービスです。 銀行口座を持っているという前提で その銀行の貯金残高から引落がされます。 利用する時に口座にお金が入っている必要があるので 銀行のATM、コンビニのATMを使って「お金を預けている」必要があります。 つまりどちらにしてもATMまで行く必要があります。 ただし、まとめて口座に貯金していれば、その金額分使えますが 支払いのハガキが溜めているような人だと、余分に貯金していない、しないと思います。 またATMとういうのは無料ではなく 同じ銀行のATMだったら時間内であれば無料ですが 他社の銀行ATM、コンビニATMだったら「利用手数料」がかかります。 つまり手数料無料にするには条件があるということです。 銀行口座を持っていて、その銀行がデビットカードを発行しているのであれば申し込むだけです。 支払いはその銀行口座から利用時に即引落です。 持っていない場合は、新規口座を作り(その時に身分証明書等が必要) いっしょにデビットカードも申し込むという形です。 どの銀行のデビットカードがいいかは住んでいるところによって違い ATMの利用手数料の件があるので 近くにある銀行で作る、その近くの銀行のATMを使うというのがいいです。 ただし、地方銀行ではデビットカード発行してなかったり もっともあるゆうちょは現在デビットカードの発行は停止(来年にあたらく発行できる予定)だったり 信用金庫、信用組合、農協は国際デビットカードの発行はしていません。 例えば セブンイレブンが近くにあれば セブン銀行があり、セブン銀行のATMがあるので 夜間以外は土日祭日でも手数料はかかりません。 デビットカードも作れます。 ただし夜は利用手数料がかかります。 イオン系の店が近くにあれば ※イオン、ミニストップ、マックスバリュ、ダイエー系等 イオン銀行があり、イオン銀行ATM、デビットカードも作れます。 店が開いている時間帯であれば利用手数料は無料です。 ただし両方とも基本は、ネットか郵送で申込みです。 普通の銀行のように窓口がありません。 ※ただし大きなイオンモールだったらイオン銀行の窓口があります。

0

家から自力で(自転車などで)行ける範囲に郵便局があれば、郵便振替は使えませんか?もしくは手数料がかかりますが、配達時の代金引き換えは使えませんか? デビットカードを使うには、デビットカードに対応している銀行の口座が必要です。買い物に使っているお金は現金でもらっているお小遣いでしょうか?もともと銀行口座に貯金があればそれをデビット対応口座に移しておけますが、現金でもらったお小遣いを口座に入金するには、銀行に行くか、コンビニのATMに行くかのどちらかになります。 コンビニや銀行になかなか行けないのであれば、その時にまとめて入金することになります。手元に置いておく現金と、入金するお金をしっかり分けて管理する必要があります。(手元のお金が足りなくなってもすぐに出金できないため) コンビニのATMで出金するには手数料がかかります。月何回まではATM手数料無料という銀行の方がいいですね。ネット銀行なら店舗がないので入出金はコンビニなどのATMでの取り扱いになり、手数料の優遇もあるところが多いです。 デビットカードの他にはプリペイドカードという選択肢もあります。プリペイドカードもコンビニなどで事前に入金が必要になりますが、デビットカードよりは引き落としや返金時のトラブルは少ないと思います。ただ、チャージしたお金を引き出すことは基本的にできません。(条件や手数料ありでできるものもあります)

0

デビットでも、口座へ入金しなければ使えません。これが結構、面倒です。 コンビニや銀行で入金をどうやってするか、ですね。つまりコンビニ払いなら後払い、デビットなら先に入金、という違いです。「今、買いたい」というとき預金残高がないと使えません。常にお小遣いを口座に入れていると、引き出しにはコンビニにいかないといけません。しかも、1000円単位でしか、コンビニでは入出金できません。1000円以下の残高は引きだすのが、ほぼ不可能と思ってください。 もし結局、親の車に乗らないといけないなら、いまのまま、とよく比較してみましょう。 またデビットで通販をすると、一時的な二重払いや過剰な入金、見知らぬ引き落としなどが発生することがあるからです。これは予約もの、キャンセルなどをすると起こりやすいです。うまく使い方でこれらを避けなければなりません。さらに全部が使えるわけではないので、デビットが使えない場合は結局コンビニ払いを併用しないといけないでしょう。さらに、不正利用の可能性もできますので、一定の注意が必要になってきます。 デビットがもう少し使えるカードであれば良いのですが、あまり万能ではありませんので、いまいちなんです。コンビニ払いで不便はそうなんですが、デビットが便利かというとそれはそれで不便も結構あると思います。ここは個人的な比較によると思いますね。

0

デビットカードを作る=対象の銀行の口座を作るです 田舎ということでしたらやはりネット銀行が良いでしょう 申込み全てネットで完結しますし、そもそも店舗がないので近くに支店がないから~といった問題がそもそも発生しません まずどこ銀行でも口座を作るのに身分証明書が必要になりますが、ほとんどのところは住民票の写しでOKですので問題ないと思います 入出金もコンビニですることになるはずですのでコンビニATM無料回数のあるところが良いでしょう おすすめは ソニー銀行:ATM無料回数基本5回、デビットカードVisa、還元率0.5% 住信SBIネット銀行:ATM5回、デビットVisa0.5%、master0.8% 利用する上での注意点は、まず口座に残金がないと使えない クレジットカードのように使えるが使えないところもある キャンセルの際に返金に時間がかかることがある チケットなどの購入で予約の日を変更するときなど、キャンセル+新規扱いになり一時的に2重請求になったりする