ID非公開

2021/10/16 16:17

33回答

交通事故の加害者(ほぼ10:0)になった場合、被害者にお詫びの電話やお見舞いなどするものですか? また、自分の保険会社に相談してからするしないを決めるものですか?

交通事故282閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/10/16 22:21

回答有難うございます。仰る通り道義的には謝罪すべきですが、保険会社が代理人となる以上勝手に謝罪すると後々問題になる可能性もありますよね。 単に対人対物無制限だけでなく、示談交渉サービスや対物超過特約・弁護士特約など一通りカバーされている保険をチョイスしていますが、それでもいざ事故となった時の心構えとして知っておきたいと思い質問させて頂きました。 もし万が一の時は保険会社と相談した上で相手と謝罪等のやり取りをして行きたいと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

質問にあるように「あくまで一般論」で答えてくださった梟さんをBAに選ばせていただきます。他の方も有難うございました。

お礼日時:10/17 20:05

その他の回答(2件)

0

(ほぼ10:0)は止まってる車にぶつかるか、後ろから衝突など、よほど加害者に非がないとありえません! 被害者に過失の可能性が欠片もないのですから被害者にお詫びの電話やお見舞いは当たり前になります! 被害者にすれば何の落ち度もないのに酷い目にあわされて、謝罪すらないのでは加害者は欠片も誠意がない悪党以外の何者でもないですから! (ほぼ10:0)なら保険会社に任せきりにしない 更にお詫びの電話やお見舞いは事故の翌日、遅くても3日以内です! 菓子折りは箱つきの整ったものが望ましいとされます 比較的重量感があり「事故のことを重く受け止めている」という意味で、ようかんが用いられることが多いです。 菓子折りの価格は5000〜1万円程度を目安 価格が高すぎると「物でごまかそうとしている」と思われがちですし、逆に安すぎると「馬鹿にされている」と思われるので価格は5000〜1万円程度 後、老人とか跳ねて菓子折りを手配する際に、「のし紙」は絶対に付けてはいけません! 「のし紙」は縁起物であり、主に祝い事なんです! 年配者の大半は「のし紙」は祝い事と知ってますから、「のし紙」だと印象が最悪になってしまいます! 被害者にお詫びの電話やお見舞いが法律上、何の役に立つかと言うと、 示談が成立すると刑事責任が軽減されるのですよ! 逆に示談が成立しないで、お詫びの電話やお見舞いも3日以内でない場合は…誠意があまりないとされ刑事責任が軽減されません。 被害者にきちんと謝罪していることや、示談が成立していることが考慮されれば交通事故の刑事責任が軽減される可能性が高いのです。 例えば、 起訴されずに裁判自体を回避できる 刑が免除されたり、有罪だが執行猶予がつく 懲役の年数が減少する

ID非公開

質問者2021/10/16 17:57

回答有難うございます。 回答と同じような事が書かれている法律事務所のサイトもありますね。同様に加害者側の窓口を加害者が加入している保険会社が担当する場合が多いから当事者同士で謝罪のやりとりはしないと書かれているサイトもあるので実際どうなんだろうと思った次第です。 なるべく早く保険会社と相談した上で謝罪に伺うが正解かもしれませんね。参考にします。

0

人それぞれかと思いますが、10対0で全過失が自分にあれば、菓子折り持参で謝罪に伺います。(遠方なら送付) 相手に少しでも過失があれば、謝罪等は一切しません。私的な考え方ですので、参考までに。

ID非公開

質問者2021/10/16 16:32

参考にします。回答有難う御座います。