今の時代、100000キロ程度で壊れる車なんかありますか?車検受けてオイル交換してれば流石に外車でも壊れませんよね。

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

「壊れる」がどの程度のレベルで考えているかにもよりますね。 車検だけだと、2年に一度になってしまうのでそのほかの定期点検もきちんと行いましょう。定期点検してればほとんどの場合。大丈夫だと思います。 定期点検を進めるのは、10万キロ未満の走行距離でも、定期的メンテナンスでチェックし、交換しなければ、ダメになってしまう部品があるからです。それらの部品が原因で重大な故障につながることもあると思います。 例えばドライブシャフトブーツ。こういったゴムや樹脂の部品は数万キロ(10年未満)でダメになります。ブーツが破けても気付かずに、そのまま乗ってると、すぐにドライブシャフトが壊れます。 経年劣化でダメになるパーツがあるので、たとえ走行距離が少なくても、半年に一度くらいの定期的なメンテは受けた方が安心ですよ。 オイル交換も同じくらいの感覚で行った方がいいですね。

0

壊れる場所によると思います。 例えば、窓のモーターなんか突然故障する可能性がありますよね。 細々したところは、壊れると思います。

1

オイル交換とLLC管理していれば楽勝、ザッツ22万キロ廃車、平成6年アクティ15万キロ現役、平成27年N BOX13万キロ現役。

1人がナイス!しています

0

エンジンのショートブロックに対してのメンテナンスはオイルとエレメントの交換しかないのですが、レブッたり無茶な運転をしなければ、20~30万キロは壊れる事は有りませんが、ウォーターポンプ、オルタネーター、スターター、スロボ、点火系と言ったような補器類については、車の使用条件で負担は異なる為、10万キロ以下でも壊れることは実際に有るから、オイル交換だけで車は壊れないと言う分けではありません。