聖書では動物と話さことについては述べられていますか?言語は昔は統一されていたっていうことは分かっているのですが、動物とも話せた時期もあったのでしょうか。 アダムとイブが管理してたような時代は

宗教64閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

動物と人間は、言語によるコミニケーションは出来ませんね。 しかし、人間が神に忠実な場合、動物も人間に服従します。 未来、神の支配下の地球で、猛獣が人間に危害を加えません。イザヤ書。

0

BC2世紀に書かれたダニエル書も そのような物語になっています。 幻や夢という手法が黙示文学に使われている理由。 第一、 権力関係を獣の間の戦いとして描く寓話という文学形式にとっては、 夢や幻は自然な手法です。 獣が人間のように言葉を発したり行動したりしても、 幻や夢の出来事として描けば不自然がありません。 第二、 現実の枠にとらわれず、夢や幻では作者が自由に心に思ったことを描く ことができます。 歴史的事実や現実的予測に反して、自分たちの願望(敵の滅亡)が 叶えられる物語を描くには、幻や夢は非常に便利な手法です。 第三、 幻や夢は、作者の主張は神からの啓示 (黙示=秘められていることが明らかにされる)である、 と思わせるのに、とても便利な手法です。 おそらく、これらの理由で、黙示文学のほとんど全ては、 幻や夢の中の啓示、という筋立てになっているのだと考えられます。

0

神の光で包まれていた世界です。 言葉による会話というよりも、相手の思考そのものが直に脳に入ってくるカンジでしょうね。

1

「エバと蛇」、「バラクとロバ」の対話が記されてます。 現在、対話が不可能なので、どの様な状況なのか?理解し難い事ですが… バラクの処では、神様が「ロバの口を開かれた」と書かれており、基本的に、言語に寄る意思疎通が出来ない事の裏返しだと思います。 エバの処では…エデンと言う特殊な環境だったので…ある先生は… エバが動物とのコミュニケーションを楽しみに出かけた時の一場面が、蛇との会話…と言いますが… 紅葉狩りに出かけ、あちら、こちらから「腹減った」「アッ、今晩のの飯」だとか…会話・ひとりごとが聞こえてきたらどんな感じでしょう??

1人がナイス!しています