ID非公開

2021/10/20 5:36

55回答

作詞、作曲に必要な最低限のスキルを教えてください。

作詞、作曲81閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 まず挑戦しようと思います。

お礼日時:10/25 8:01

その他の回答(4件)

0

基本的な音楽の仕組みさえ知っていれば作曲はできます。 オクターブ内に12個の音があるとか3拍子、4拍子、5拍子など小節の中にいくつ四分音符が入っているのかなどですね。できれば三連符なども知っておくと便利だと思います。 最近はコード(和音)に沿って音を選ぶ方法が多いみたいです。 だから似た曲になってしまうのは仕方ないのだと思います。 私も以前はそうして作っていた記憶もありますがネタ切れです。 なので、五線譜に書いて行くことが多いですね。 具体的に何をしているのかですね。 私はあまり作詞をしませんが、する時は七五調を意識しています。 詞に曲をつける場合はリズムから入ります。 ここを強調したいから伸ばして、ここは端折ってもいいから縮めるなどです。 それで小節に入るように調整して行きます。 続いて音の高低を決めて行きます。 これはアクセントなども非常に重要なので神経を使うところですね。 音程が決まったら作曲は終了です。 続いてアレンジ(編曲)ですね。 音楽の要素はリズム、メロディ、ハーモニーなので私はこの順で行います。 コード(和音)が優先であれば和音を考える必要がありません。 しかし、私は作曲が終わった時点で和音を構築します。 ハモりやすくするのか意外性を追求するのかなどです。 五線譜を睨みながら、どういった和音にするかを考えます。 オーソドックスでは面白くないため意外性のある和音を混ぜたりします。 和音が終わったら曲の構成を考えます。 前奏はどうするのか、間奏はどこに入れるのか、転調するのかなどです。 私は面倒なので前奏や間奏は曲中から引っ張って来ます。 もちろん、どうしても表現したい場合は新たに作ります。 これで曲としてのデッサンが終わったような状態ですね。 ここから各パートについて考えて行きます。 やはり最初はドラムになりますね。 HHをエイトビートで刻むのか16にするのかなどです。 スネアはどこに入れるのか、バスドラは三拍目に裏に入れるかなどです。 ドラムができたらベースに移ります。 あまり難しくは考えずにリズムを優先しています。 すでにコードがあるので、流れるようにするのか意外性を出すのかです。 私のバンドではベース小僧がコーラスをするので、あまりに凝ったものは避けるようにしています。あとはベース小僧が考えます。 最後にギターや鍵盤を考えます。 ユニゾンにするのか刻むのか伸ばすのかなどですね。 バンドでは全体で合わせてみて修正して行くことが多いです。 音の隙間を埋めるのは取り合いになるのでじゃんけんか力づくです。 作詞の場合は七五調が基本的であれば曲をつけやすいと思います。 また、アクセントにも気を配る必要がありますね。 「僕」と「君」ではアクセントが違うので気をつけましょう。 そういった単語を選んで行く作業が作詞だと思います。 中には先に詩を書いてから作詞する人もいます。 もちろん、そうしたことはせずに直接歌詞を作る人もいます。 うちのバンドの歌ギター中年はこうした音を考えずに作詞していました。 最初は関西出身だから仕方ないのかなと思っていました。 ところが、そうしたことを考えていなかっただけでした。 何度か殴ると少しは考えるようになりました。 ともあれ、悲壮感を漂わせて何かを作っても楽しくありません。 どうせなら楽しみながら作りましょう。

0

作詞は何個かの塊をつくって塊をくっつけると良いと思いますよ

0

作詞→メモする 作曲→録音する という能力 と 機材(メモ帳やスマホのレコーダー) があればできます。

1

ピアノとギターがあるのなら、音楽(演奏)経験を少し積んでみるといいです。気に入った曲の弾き歌いとか。

1人がナイス!しています