webライターや編集者の方に質問です。

ホームページ作成 | インターネットビジネス、SOHO133閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/10/20 11:26

ID非公開

2021/10/20 18:34

知恵袋のこのへんも参考になるかも。これは明確に「提案とか主張とかの前にまずは文章なんとかしてくれや」のケース。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13249382333 質問者さんが該当するかは分からんけど。 こちらの場合、「駆け出しライターが良いと思っている文章=依頼主(上司)が必要としていない文章」という明確な断崖が存在し、ツライ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧なご回答ありがとうございました。いずれの観点も勉強になりました。

お礼日時:10/25 13:05

その他の回答(3件)

1

お仕事の内容が全く違うのかもしれないですが… オウンドメディアやECサイト的媒体であれば、 SEO対策、CV等のアピールは効くかもしれません。 けれど、それで釣られるようなオウンドメディアや媒体は たぶん原稿料が安いうえに、編集者もあまり経験がない人が多く、 質問者さんが「原稿への指摘が多い状態」のライターだと 正直、嫌われて終わってしまうような気がします。 ただし、現状のお付き合いがある企業が1社なら、 単に「指摘をするのが仕事」と、 担当者が思い込んでいる可能性もあります。 複数企業なのに指摘されるのであれば、そして もし、オウンドメディアやECサイト的媒体での ライターに突き進むなら、 まずは指摘がない状態のライターになってから アピール・提案した方がいいと思います。 もうちょっと一般的なライターを目指すなら、 SEOとかCVとかの小手先の技術は 何のアピールにもなりません。 そんなものはGoogleの戦略が変われば すぐに通用しなくなります。 とにかく文章力を上げることを優先したほうがいいですよ。

1人がナイス!しています

全体的に勉強になりましたが、とくに下記が印象に残りました。ご回答ありがとうございました。 >>「SEOとかCVとかの小手先の技術は 何のアピールにもなりません。 そんなものはGoogleの戦略が変われば すぐに通用しなくなります。 とにかく文章力を上げることを優先したほうがいいですよ。」

1

私なら伝えてほしいと思うけどな~。 うざさが増すのはまぁ仕方ないとして…これで納得してくれれば解決するし、納得してもらえなくて継続を断られればまた次のクライアントを探せばいいわけだから、あんまりアピールしすぎない程度に伝えてみては? まぁ、クライアントが大手メディアとかでSEOを特に重視している感じではなさそうならアピールしなくてもいいと思います。反対に、弱小のサイトの記事なら多少SEOを意識した方がいいと思うので、そのあたりはクライアントに確認を取った方がよさそうですね。「SEOを意識しなくていいんですか?」って。 相性が合わないクライアントとはとことん合いません。うざがられて継続を断られても気にしないことです。ご自身と相性の良いクライアントを探しましょう。

1人がナイス!しています

0

プロです。 自身も現役のライターですが、 ライターさんに案件の発注も出してます。 >現状、原稿への指摘が多いのですが すみません、 キツイ言い方になりますが、 クライアントから指摘がきてる時点で まだスキル不足な部分が散見されますね。 あと、案件を引き受ける前の 事前のリスニングが足りていないかも。 ライターはいかに修正を少なくし、 クライアントを一発で納得させられるかが 利益ですから。 だって、修正に時間を費やしたり、 クライアントさんとやり取りが増えると ライターの手間と利益が減るじゃないですか。 なので、あとから指摘を受けないような 防御策を事前にいかに打っておくかが 要となります。 >「SEO対策度合いを高めるために~しました」 >「CV高めるために~してみました。」など こんなセリフは、 納品後に言っても遅いですよ。 だって、相手はそうは思っていないから 指摘してくる訳なので。 上記を主張するなら、 原稿提出前の打ち合わせで 「SEOを高めるためにこう書きますが良いですか?」 と、言っておかないとならないですね。 あと、CVも、クライアントさんが どの程度まで狙っているかを 質問者さん自身が本当に理解されてますかね? クライアントによっては、 CVは二の次って場合も多いので、 こっちから押し付けがましく 言うと、 「空気の読めない人だな」と 思われて然るべきになってしまいます。 あるいは、クライアントの意向に 沿えない記事を書いたことの 言い訳にも受け取られちゃうので、 とりあえず、指摘通りに修正に 応じた方が無難です。 相手は納得してないから言ってくる訳なので。