ID非公開

2021/10/20 16:37

55回答

「身体の大きさによる足腰への負担」

トレーニング | 格闘技、武術全般96閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

55歳まで・・・180cm、72kg、武道、海・素潜り魚 60歳・・・80kg武道だけ 今・・・86kg 大体こんな感じでした。 海を辞めたあたりから太りだし、禁煙もやったり、とにかく腹が減る。新陳代謝大幅ダウンか?薄毛加速。 中性脂肪は規定値の4倍、体脂肪は普通。 まさか自分がデブになろうとは予想だに・・・ハゲも・・・ 実は60を超えたあたりから、股関節炎症…ケツが左右で大きさが違う。関節が腫れている。これ原因不明です。医師に言わせれば疲労蓄積らしい。使いすぎとのこと。無理を重ねてましたし、急激な体重増加も拍車。もちろん加齢による筋力量減少。 これね、明確な原因は無いようですよ。複合的なもの。 実は数年前からアラームがきてました。若い時は治りますが、60を過ぎたら悪化だけです。腕の良い接骨医を探すこと。滅多にいませんが。 武道を1時間もやってれば、衰えもないだろう、体重も増えないだろう・・・体質にもよるでしょうが大甘だったですね。 柔軟性…しゃがんで畑仕事・・・ブザマに転びます。あれ?なんで? 体のセンサーが鈍くなったというより、無くなった感じ。合気道の人は受け身の自信なんか吹っ飛びますよ。 ただね、筋力だけは衰えない。瞬発力はむしろ強くなっている。出合いの機も磨かれていく。呼吸も丹田も格段上達です。これが日本武道の良い所かも。 元来、人との衝突が好きだったようで、今は大好きです。違法追い越しのバイクを追いかけ、信号待ちで、オイ、バイク、信号曲がったところで待ってろ、話をつけるから・・・5人中5人は逃げますね。腰抜けが。そりゃそうですけどね、トラブったら録画で俺の勝ちですから。 ヒザにもきました。来るときはわかります。毎日屈伸をすること。毎日です。3回でもOKです。 55歳を過ぎた人はいるのかな? いたら要注意です。 あれ?と感じたら対応すること。 脊椎4番と5番の間が無くなっている・・・こうなったら終わりです。手術で治るのかな?わかりませんが。こうなる前にアラームが来ると思いますよ。

1人がナイス!しています

2

体が大きいから足腰への負担は大きい、というだけではないと思います。確かに、肥満体の方は、関節への負担が大きく年齢とともに関節の劣化による関節痛が多いです、でも体の大きい柔道家の方は、単に肥満で体が大きい人とはちがいます。 柔道部の先輩方を見て、とのことですが、柔道という運動の特異性というのが、大きいのではないでしょうか。 若い頃から柔道をやっていると、かなりの確率で膝や腰、肩などの関節を痛めながらも続けている方が多いように思います。現役時代に痛めた関節が老化するにつれ、悪化していくということが考えられます。

2人がナイス!しています

1

ヒョロヒョロならともかく、大柄になると体重も重くなります いくら筋肉も十分備わっていても、膝や腰への負担はやはり重い分ありますよ まぁストレッチや筋トレをし続けてる人なら問題ないでしょうが、トレーニングをやめたら体重の重さがモロに関節にきます 体重落としていくなら良いが体重はそのままだとかなりキツくなりますね 引退しても体重あまり減らしてない相撲取りやプロレスラーは膝が辛そうだし

1人がナイス!しています