新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/10/20 18:41

44回答

選挙はいつも自民党に入れていたんですがコロナとかオリンピックのグダグダが酷すぎたので今回の選挙では別の政党に入れたいです。

政治、社会問題77閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

福祉だ、救済だと口で言うのは簡単なんですよね。選挙になったらみんな言います。問題はそれを実行できるかどうかで、そのためには改革で財源を生み出す必要があります。集票マシーンである○○団体○○組合○○協会への補助金から、票にならない福祉へと使い道を変えるのは大変です。 日本維新の会は実際に大阪で政治行政を担い、福祉、特に子供たちへの福祉を実現してきています。企業団体献金を受けておらず、組織団体にしがらみがないからこそできることです。 重度心身障害児の情報を一元管理へ 全国初、大阪市が「コーディネート事業」 2014年05月29日 https://www.cbnews.jp/news/entry/42862 重度心身障がい児(者)施設に視察に行った際、保護者から医療機関への円滑な受け入れ支援の要請を受けました。それを受けて、医療コーディネート制度を創設しました。 https://twitter.com/hashimoto_lo/status/503185043875831808 大阪市南部に児相拠点 2か所目 10月開設、4区を管轄 2016年8月26日 大阪市は25日、市内2か所目となる児童相談所「市南部こども相談センター」を10月3日に平野区に開設すると発表した。 職員を全体で約40人増員し、児童虐待の撲滅を目指す。 市は18年度までに北区に3か所目の開設を計画しており、記者会見した吉村市長は「児相を複数設置することで、迅速な対応や効率的な運営を進めたい」と述べた。 大阪)大阪市、4カ所目の児相設置へ 松井市長が明言 2019年4月12日 大阪市の松井一郎市長は11日、市内に4カ所目の「こども相談センター」(児童相談所)を設置する意向を明らかにした。松井市長は7日投開票の市長選で、「重大な児童虐待ゼロ」を公約に掲げて初当選した。 松井市長は市長選で「基礎自治体の首長として第一にやりたい」と訴え、児童虐待の対策に力を入れる考えを示していた。虐待の程度で分類し、程度に合わせて支援する方針だ。 子どもの貧困6万人調査、大阪市/6~7月実施、最大規模 2016/02/29 大阪市は29日、生活に困窮する子どもの実態を把握するため、幼稚園や保育園、市立小中学校の計約6万人分のアンケートを6~7月に実施することを決めた。5歳児と小5、中2の約2万人ずつを対象とし、それぞれの状況を調べる。内閣府によると、子どもの貧困をめぐる自治体の調査としては全国最大規模という。 「子どもの貧困対策」支援 大阪市予算案 2017年2月17日 「子どもの生活に関する実態調査」の結果を本年度中にとりまとめる大阪市は「学習習慣の定着」や「居場所づくり」など子どもの貧困対策として新年度予算案に2億4800万円を計上した。 吉村洋文市長は「できることから実施し、平成30年度から本格実施する」と力を込める。 「学習習慣の定着」では小学校への指導員配置による学習支援、不登校防止策としての登校支援などを行う。 「居場所づくり」では子どもの居場所(こども食堂)の設置や区役所へのアドバイザー配置をサポートする。 生活困窮者が多く、子どもの抱える問題が深刻な西成区では「こども生活・まなびサポート事業」(1500万円)を4月からスタート。 中学校区を1エリアとして、中学校と小学校2校にこども生活・学びサポーターを、中学校にエリア管理者を1人ずつ配置する。初年度は1中学校区でモデル実施し、生活習慣や学習習慣の定着を図る。 こども・生活学びサポーターは「教員経験者など児童生徒やその保護者との意思疎通を円滑にできる人」を採用し、登校や学習を支援。 エリア管理者には、大学で児童福祉や社会福祉などの専修学科を修了した人や医師、社会福祉士などの資格が必要で、事業全般の統括や困難事例へ対応する。 モデル校区の梅南中の高井利久校長は「人選が重要。年齢や性別でなく、人柄を重視して選んでほしい」と話す。 食を通じただんらんで居場所をつくる「こども食堂」の支援事業(400万円)では、新規開設を促す備品購入費への補助、食材提供者やボランティア協力者間のネットワーク化の支援を行う。 2014年から「にしなり☆こども食堂」を運営する川辺康子さんは「現場ごとに必要なものが変わるので、何が必要か聞いてほしい」と期待する。 重度障害児童の通学、大阪府が支援へ 介護タクシーなど 2019/10/1 大阪府の吉村洋文知事は府議会で、人工呼吸器などの医療的ケアが必要で、通学バスを利用できない重度の障害がある児童や生徒に対し、府独自の通学支援を行う方針を示した。学習機会の保障と保護者の負担軽減が目的。 府内の小学生から高校生の年代の全約160人が対象。介護タクシーや同乗する看護師の費用を全額負担する。府は今年度、5人を対象にモデル事業を行っており、それを拡大する。1人あたり約500万円を見込む。 吉村氏は府議会で大阪維新の会の鈴木憲府議の代表質問に「子どもたちの学びに対するサポートは極めて重要であり、通学支援を思い切って拡充したい」と答弁した。 日本維新の会 政策提言 教育 (6)不登校・いじめ対策、特別支援 臨床心理士・公認心理師を始めとする常勤スクールカウンセラーの配置を全国的に促進し、いじめや不登校など学校内で生じる問題解決を図ります。 不登校児が通うフリースクールの単位参入認定を促進する等、現行の学校や教育に馴染めなかった児童・生徒に多様な居場所を提供します。 障がい児への学習・キャリア支援の改善に向けて、教員免許取得時のカリキュラム改善や部門別採用などを通じ、専門知識をもった教員の育成に努めます 。 障がい児がライフステージを通じて一貫した療育支援を受けられるよう、療育 (発達支援 )施設の拡充など地域における療育支援体制を構築します。 教員から子どもへのわいせつ事件が後をたたない事態に重く鑑み、教職免許を再交付しないことを可能とする立法に続 き、過去の性犯罪経歴の照会や無罪証明書の発行ができる「日本版 DBS」の創設を検討します。 子育て・保育 (3)特別支援 医療的ケア児について、看護師らを車両に同乗させる通学支援の拡充や医療的ケア児対応型の保育園の増設など、当事者とその家族への支援を促進します。 自治体の支援が行き届かない多胎児家庭の実態を把 握し、産前産後ケアの充実など適切な支援体制整備を促進します。 新たな社会問題となりつつある育児と介護のダブルケア問題解決のため、自治体に実態調査・把握を促すとともに、育児・介護の縦割りに阻まれない支援体制を整備します。 重大な児童虐待を撲滅するため、弁護士等の専門家を常駐させるなど児童相談所の機能強化と、ニーズに応じた機能分担を推進します。また、特別養子縁組の促進や里親委託率の向上のため、自治体や民間支援団体との連携を強化します。 児童相談所の一時保護所における混合処遇を廃止し、義務教育を受けられない保護児 童は原則通学できるよう子どもの保護環境を改善します。 コロナ禍で特に困窮しているひとり親支援を拡充するほか、社会問題化している養育費の不払いについて、国が立て替えた上で不払い者に強制執行できる制度を創設し、子どもが両親の離婚によって経済的な不利益を被らない環境を整えます 。 男女共同参画 (3)DV・性被害 対策 性暴力被害者、セカンドレイプ被害者への支援を強化するとともに、出所者を把握し、治療に結び付けるなど性犯罪再犯の防止策の法制化を検討します。 DV(家庭内暴力)撲滅のため、 DV相談の強化、民間シェルターの支援拡充、高葛藤ケースにおける面会交流の取り止めを適切に行い、早期発見と被害者支援を徹底します 。 性的虐待から子どもたちを守るため、 13歳となっている性的同意年齢の引き上げや構成要件の見直しなど、性被害の実態に即した刑法改正を検討します。 社会政策(多様性) (2)障がい者支援 分身ロボットなどのテクノロジー開発や、超短時間雇用の導入等の規制緩和を通じ、身体・知的・精神の障がい種別にとら われない障がい者雇用率の向上を推進します。 ポストコロナ時代における働き方に鑑み、健常者のみならず障がい者就労についても通所だけでなくテレワーク(在宅就労)で行えるよう、就労系福祉サービスを活用できる制度と ICT環境を整備します。 長時間の介助を受けられる「重度訪問介護」のサービスについては、経済活動中にも利用可能にする等、重度障がい者が活躍できる環境を整備します。 障がい者の社会参加に必要な情報アクセスやコミュニケーション手段の保障、デジタル・ディバイド(情報格差)解消のため、行政サービスを中心として情報 保障の充実化を図ります。また、手話を言語として定める手話言語法を制定します 。 (3)生活安全・消費者保護 インターネットを通じた新たな犯罪・特殊詐欺や、犯罪の温床となる無登録の投資助言・医療広告などが横行していることに鑑み、各省庁におけるサイバー犯罪対策を強化し、消費者保護に努めます。 青年層の死因で最も多い自殺について、行政が家庭や教育現場・職場などとも連携をとれる体制整備を促進するとともに、経済的理由による自殺を防ぐための各種雇用・経済施策の充実を図ります。 二次被害の防止、求償権付の賠償金の一部立て替えなど、犯罪に苦しむ被害者への支援の強化を推進します。同時に、触法障がい者を含む触法者が社会復帰をする更生支援に取り組みます 。 https://o-ishin.jp/policy/8saku2021.html