事故車の修理について

自動車 | 中古車68閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

はっきり言って直し方もあれば直し方の考え方や技量で異なります。 これは派手な事故に限った話ではなく、主だった破損部位のみならず波及箇所を見抜けるかどうかもあります。 見抜く事が出来ない人ほど根本的に技量が無いとか考え方としてダメなタイプが多いため、こんなのちょいちょいで·····等と言った形で後々トラブルを出します。 きちんと直して技量もそれなりならラインオフよりは剛性としては落ちる可能性はありますが、それは絶対ではありません。 直って無ければ剛性が落ちる部分もあれば真っ直ぐ走らないと言った結果。