日本史についてです。 鎌倉時代の得宗専制政治では、執権はもうなくなっているのですか?

日本史44閲覧

ベストアンサー

0

北条貞時が執権になり、霜月騒動で内管領平頼綱が安達泰盛を滅ぼした結果、御家人が政治から排除され、得宗と御内人が政治を独占するようになった体制が得宗専制政治。したがって幕府(御家人)に実権がなかった。一応、北条家ではある。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧にありがとうございます とてもスッキリしました!!

お礼日時:10/22 19:56

その他の回答(1件)

0

得宗全盛の得宗は貞時で執権職を師時に譲った後も得宗家当主として実権は掌握していました。将軍と同じく執権も名ばかりのものとなったのです。