宇宙って何ですか?どのくらい広くて何があるんですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

まず宇宙の広さから説明します。現在、観測できている宇宙の広さは130億光年ぐらいもあります。1光年は約9兆4,607億3,047万2,580kmです。地球から通信電波を送ったとしても130億年後でないと相手に届きません。だから返信を受け取ることもできません。だから異星人との交信は難しいのです。 次に私達が住んでいる天の川銀河の直径は約10万光年もあります。地球の位置は天の川銀河の中心から約3万光年です。地球から通信電波を送ったとしても2~8万年は待たなければ相手に届きません。だから返信を受け取ることも出来ません。天の川銀河に私達と同じような知的生命体がいたとしても連絡を取り合うのは極めて困難です。 それは相手の異星人にとっても同じことです。だから私達は宇宙人からの通信電波らしきものさえ捉えるのは難しいのです。 しかし宇宙の歴史はビッグバンから約138億年と予測されています。地球の歴史はたかだか46億年、地球人類の歴史は2万年程度に過ぎません。宇宙の歴史から見れば地球人類はまだ生まれたての赤ちゃんか、お母さんのお腹の中にいるぐらいに過ぎません。 そう考えると、この広い宇宙には、もう大人になった異星人がいる可能性は極めて高いと思います。つまり地球より遙かに科学技術が発達した異星人が宇宙のどこかにいる可能性は極めて高いと思います。 もし彼らが宇宙戦艦ヤマトのような超空間通信(何万光年も離れていても同時通話が可能)を使っているとしたら、その特殊な通信を私達が受信することはできないでしょう。 もし彼らが宇宙戦艦ヤマトのようなワープ航法(1回で約二千光年を移動)を実現していたとしても130億光年の彼方から地球にやってくるのは容易なことではありません。だから地球侵略にやってくる異星人は、まだいませんし、その確率はかなり低いでしょう。 宇宙戦艦ヤマトの佐渡酒造大先生の言葉を借りれば「宇宙は広いのだ。そして果てしないのだ。」と言うことです。 しかし考えてみて下さい。地球人類は猿が進化したものと言われていますが、猿から突然変異で人類が生まれたことはありません。猿から人類を生み出すメカニズムは現代の遺伝子工学を持ってしても証明されていないのです。これをミッシング・リンクといいます。 もし人類発祥以前の二万年以上前に地球にやってきた異星人がいたとしたら、その異星人の超科学によって、地球にいた猿の遺伝子が操作され、我々人類の祖先が生まれたと考えることが出来ます。 その異星人は宇宙を自在に飛び回ることが出来、地球にやってきたものの地球の環境が変化して住みにくくなったので、また他の星へ行ってしまったと言うことも考えられます。 南米にあるナスカの地上絵などは古代異星人の遺物かも知れないのです。 その辺のことはアニメの「不思議の海のナディア」や「超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか」などに描かれていますので、ぜひ勉強してみて下さい。

0

宇宙とは時間・空間内に秩序をもって存在する「こと」や「もの」の総体です。 大きさは無限大です。 僕たちが今いる銀河系が無限にあります。つまり、僕らみたいな人が必ずいます。飛べる車もいれば、タイムスリップがもう可能な銀河系もあり、あるいはまだ恐竜も居たりもしますね。 こう考えると僕らが悩んでることがちっぽけに感じますね。 宇宙を考えれば考えるほど区切りがありません。それが宇宙です。