ICANのFL40というカーボンホイールのタイヤ交換についてです。このホイールのリム断面はこのような形になっているのですが赤丸のくぼみの部分にタイヤのビードが一部ハマってしまい空気を入れるとタイヤがボコボコし

画像
補足

皆さん申し訳ありません、自分の説明不足でした… 自分は今回クリンチャーです。チューブレスではないです。

自転車、サイクリング88閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 アートマンさんの言うように120psiまで恐る恐る入れたところパチーンという音共にビード上がりました!音がデカくびっくりしましたが無事はまって良かったです^_^

お礼日時:10/23 21:59

その他の回答(4件)

1

普通は中のチューブが膨れたらビードがその赤丸の部分にいるなんて事はありえません。リムの端まで上がらないならありますが、それとの勘違いではないでしょうか? その場合はタイヤが少し凹む程度まで低圧にして、上がらない部分のタイヤをもみます。それで空気圧を適正まで入れると直ったりします。だめなら数回繰り返す。 ただボコボコっていうのはタイヤの横の繊維質が切れないとならない状態です。 説明では曖昧な部分が多くて皆そろぞれ勝手な想像が入るので、写真を撮って載せたほうがいいですよ。

1人がナイス!しています

1

適正空気圧入れれば溝からずり上がります。上がらないならどこかでひっかかってるので、一度タイヤとチューブまで外して確認してください。

1人がナイス!しています

1

ありとあらゆるリムがそのようなカタチですよ。 中央部が低くなってないとタイヤがはまりませんから。 https://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2014/11/15/racing_57LG_rim-1.jpg チューブレスタイヤですよね? 最初からチューブレスと書いたほうが良いですよ。 チューブレスタイヤを使う場合、一気にたくさんのエアを送ってタイヤビードを左右の高い部分に持ち上げるんです。 いわゆる「ビードあげ」です。 普通の空気入れでやってる人もいるけど、多くはショップのコンプレッサーや専用空気入れのお世話になっています。 https://b4c.jp/giyo-air-tank-pump-for-tubeless-tire/

1人がナイス!しています

1

チューブレスですか。タイヤにもよりますが一気に空気を上げるようにしないとうまくビードが上がらないです。タンクに圧縮した空気をためて一気に吐き出すような装置が市販されています。

1人がナイス!しています