ロボットアニメで、ロボット形態から飛行機のような形態へと変形して宇宙空間を移動するという描写がありますが、空気抵抗のない宇宙でもこれは移動速度の増加など意味のあることなのでしょうか。

アニメ78閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

推進力の効率化、現実的にどうなのかわかりませんが、想像してみて一番納得ができました。 またロマンでもあるというのも非常に納得できます(笑)ありがとうございました。

お礼日時:10/28 20:55

その他の回答(6件)

0

人型形態だと前後左右上下さまざまな方向に動くし、移動時や戦闘時にバランスを取る必要もあるからスラスターが全身に分散しやすくなってる。 それに対して飛行機形態の移動は基本的に前進と方向転換のみなのでスラスターを後方に集約することが可能になり、推力を集中させることで人型形態よりも高い機動性を発揮することができる利点になってる。

0

人型から変形させる意味はスラスター(推進機)を後方へ集中させるという意味があるそうです。 大推力を一方向へ集めて急加速をおこない一撃離脱を図る。 まあ多くは大人の都合ですけどね。

1

かなり真面目に考察すると…基本的にロボットアニメでそのような変形が見られるのは戦闘領域なので周りはやられた機体の残骸などが散乱しています。かなりの速さで移動する場合、それらの残骸と自らの機体がぶつかると、それだけで機体に損傷ができてしまう恐れがあります。なので出来るだけ移動する方向の面積を減らしてそういった残骸にぶつかるのを回避するためなのではないでしょうか? 不真面目…というかまぁ、単純に考えるなら、 『かっこいいからいいじゃない!!!』

1人がナイス!しています

0

「ロボの手足を動かした際の反作用によって発生する姿勢制御 のためのエネルギーの節約」変形した方が加速がリーズナブルな気がします。