ここから本文です

またまたエヴァの劇場版について質問!! 最後のシーンでシンジとアスカだけが生き...

s2_aese_m1qktxvさん

2009/4/1319:59:22

またまたエヴァの劇場版について質問!!
最後のシーンでシンジとアスカだけが生き残った時、なんでアスカは「気持ち悪い」って言ったんでしょうか?
あと、綾波レイが使徒(でしったけ??)と融合した理由って

シンジを守るためだったのでしょうか?
あそこらへんのシーンから訳わかんないです;;
回答お願いしますm(__)m

閲覧数:
35,396
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jusus_1947さん

2009/4/1512:32:01

ラストシーンの元ネタは監督が知人女性から聞いた体験談です。恋人と喧嘩して首を絞められながら、ふっと相手の事が愛しく思えて頬を撫でた。男性は手を離して泣き出し、気分が醒めてしまった女性は、「あんたなんかに殺されるのは真っ平よ」と。脚本にもこの台詞がそのまま使われていました。

また、この時のアスカの心情について宮村さんが監督に相談したところ「部屋に男が入り込んで、ベッドで寝ている君を犯すのではなく、君を見てマスターベーションしている。どう思うか?」といった話をされ、「気持ち悪い、ですかね」と返答。これを採用して、上記の台詞から「気持ち悪い」に変更されました。
(この例え話が病室の一件と酷似しているため、「気持ち悪い」とはその件へのアスカの感想ではないかと考える人も多いようです。でもそれだと体験談や変更前の台詞等は…? 私は、映画の冒頭とラストで心理的に似た状況を提示してあるだけでは、と思ってます)

緒方さんによれば、シンジの最後の涙は、監督から「初めて自分で自分を抱きしめてやれた時の泣きが欲しい」と要求されてのもので、ポジティブな意味だそうです(長文になりすぎるので、シンジ側の情報はこの程度で)。しかしそれはあくまで、シンジ側の都合、シンジの内面だけの出来事でしかない。アスカにしてみれば、殺されるつもりで頬を撫でたのだから、「私を無視して勝手に自己完結してんじゃないわよ」「私を使ってオナニーしてんじゃないわよ」→「気持ち悪い」と口をついたんじゃないでしょうか。

シンジが得た最低限レベルの自己肯定は、生死を賭け続けた報酬としてはひどくささやかですが、必要なものです。そのきっかけを与えたのが他者であると同時に、どこまで行っても他者は他者でしかない、という諦念を含んだシーンだと思ってます。諦めた上で、それでもラストシーンには「I need you」のタイトルが付いてる。
監督によればエヴァは「曖昧な孤独に耐え、他者にふれるのが怖くても一緒にいたいと思う、覚悟の話」だそうです。


レイがリリスの元に還ったのは、シンジを守ろうと(少なくとも、最後の選択権を与えようと?)したのだと思います。ただし、融合後はリリスとしての本能が強く出てしまっていたように見えましたが・・・。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yokailoveさん

2009/4/2023:41:54

1、アスカがシンジに
気持ち悪い、と言ったのは
…もっとも有力なのは他の皆さんの言うとおり、
自分をオカズにオナったシンジに対して
気持ち悪い、と言ったとされています
…でも、自分はそんな理由じゃないと信じています

…キールがLCLになるとき、
「始まりと終わりは同じ所にある」と言いましたよね?
そして、シンジが最初にエヴァに乗った時、
気持ち悪…と言ったのを覚えていますか?
僕的な解釈ですが、
シンジの「気持ち悪…」で始まり、
アスカの「気持ち悪い…」で終わった…
この発言の真実は
こうだと僕は信じています

2、レイが、ゲンドウ(というよりゲンドウの手にあるアダム)との融合を拒否し、
リリスに還りましたが、あの理由は、
色々と意味はあるのでしょうが、
結局的には、レイはゲンドウよりシンジを選んだ
ということですね
…あやふやすぎてスミマセンm(_ _)m

thybr783さん

2009/4/2019:34:56

綾波レイが融合した理由は、ゲンドウよりも、シンジを選んだからかと。

2009/4/1416:14:09

うろ覚えなんですが
サードインパクトが起きたことによって
人類は滅亡したのです
しかし!
シンジが途中で考えを
アスカと二人で生きていくことに直したため
二人しかいない世界になりました

そこで確か一体化したというか
シンジの考えとか記憶とかをアスカが知り
シンジがアスカをオカズにしたことについて
"気持ち悪い"って言ったハズです

レイが融合したのが直接的に
シンジを守りたかったという理由に繋がるかはわかりませんが
レイがゲンドウよりシンジを選んだのは確かでしょう

ritou_evaさん

2009/4/1401:24:16

エヴァに関してはさまざまな考察がありますので1意見として参考にしていただければと思います^^

最後のシーンについては色んな考え方・とらえ方がありますのでホントに僕の思うことになっちゃいますが…

まずアスカは量産機との戦闘の時にATフィールドの意味が分かり、自らアンビリカルケーブル(へその緒)を切断することによって自立し母性を獲得します。これが前提だと思います。で、シンジがアスカの首を絞めて殺そうとしますが力が入らないシンジにアスカは手を差し伸べます。これはシンジを裏切らないよ、大丈夫だよという母性からの行動だと思います。しかしまだ母性に目覚めたばかりで普段裏返しの性格が出るアスカなりの精一杯の言葉があの言葉だったのでは?と思います。

次に綾波レイですがレイの体は碇ユイのクローンということになってますが中に入っている魂の部分(コア)はリリス(はりつけになってる使徒)のものなのでもともとの体に戻っただけなのです。シンジを守るというよりかはシンジと共にサードインパクト(新生)を望んだのだと思います。

ま、あの最後のシーンは謎が多く、様々な意見が飛び交っているので参考までにどうぞ^^

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。