裏千家で茶道を学ぶと、礼儀が身につきますか?

茶道174閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます。 弓道にとても興味を持ち、近くの道場で初心者講習が始まる時に参加してみようと思います。 相手に敬意を持って良い振る舞いができるように頑張りたいと思います。 皆様ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/11/15 12:10

その他の回答(3件)

0

ビジネスマナー、テーブルマナーと、茶道のお作法は異なりますが、 「相手(客)のためにもてなす心」「お先にどうぞ」と譲る気持ち、お茶碗やお道具は両手で丁寧に扱うことなど、普段の生活ではぞんざいになってしまうようなところにこそ心を遣うことに気づくことができました。

0

礼儀って何?っていうと、現代では謎のビジネスマナーが問題になったりしますが、 どんな場か立場か、また、地域でも微妙にマナーは違ったりします。 ですから、茶道やあるいは礼法の教室で習う事と、職場や冠婚葬祭で求められるものは、タイプが違うとは思います。名刺の出し方とか茶道で習わないですしね。 でも、茶道を習うと、襖の開けたてとかお辞儀の仕方とか、所作が綺麗になります。 茶道だけに限りませんが、習い事を、上達するためにならう、何か達成するために習うと考えがちですが、 職業や主婦という仕事を持つ大人の習い事って、直接、すぐに役立つことを求めるのではなく、 何かに集中する時間を持つことで、普段の細々したことをその時間だけ忘れたり、 気持ちをリフレッシュするとか、仲間を見つけて楽しむ、ということでよいと思っています。 気長に何年も習って、気がつくと、いつも動作が綺麗ねと言われたとか、いつのまにか物を落としたりとか粗相をしなくなったなーと思ったり、そういうくらいの期待で習うなら、 新しい経験は自分の世界を広げると思います。