色弱、色盲の遺伝について 実父が色弱?です。父が小学生の頃 視力検査の上の色の検査のがわからないもの があり先生に「こんな色もわからないの?」 と言われ悔しかったという話を聞いたことが

目の病気 | 病気、症状200閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

色の内、赤緑青の3種類の区別が付きにくい眼を〝色弱〟と言います。 ※どの色が見難いか、については省きます。 ※遺伝は伴性劣性遺伝と言う形式です。 ※ayu********様の例で説明します。 父親が色弱で、母親が「保因者」でない限り、男の子(あなたの兄弟)は色弱にはなりません。 でも、あなた(女性)は姉妹のどちらかが「保因者」となっています。 あなたのお子様が男児お二人ならどちらかの子が色弱です。 お子様の先天性の色覚異常は進行することもなく、視力、視野などの機能には異常は出ません。 当然ながら全色盲になることもありません。 色覚異常があっても、一部の色の区別がつけにくく混同するだけで、学校や社会生活においては大きな問題はありません。 今は色弱者に対する社会的な立場はとても寛容になっていますから、「こんな色もわからないの?」などと罵倒されることはありません。 あったら苛めになります。