株主優待について教えてください。 株式投資について勉強をしています。 「株主優待」についてですが、これは過度な期待はせず 配当とは別のオマケのようなものと考えたほうが良いのでしょうか?

株式 | 株と経済66閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

参考になりました 皆さま有難うございました。

お礼日時:1/23 19:52

その他の回答(4件)

0

経験または年代に寄って思考が変わりますからね… 優待のみ目当てにとって配当金はおまけではないですがむしろ重荷。必要と思わない人も多いです。優待がある株には殆ど配当金もあると思いますが、利回りが低い←つまり価格が高いから配当金目当ての人は常時では取引しません。 中々下がらない優待株というのはリスクが高いと見立てられてますから、巷では優待が欲しいならクロスで十分という考えを持つ投資家がかなり多いのです。つまり配当金はその時点で捨てることになりますからその損をしてでも優待が欲しいと思う人がかなり多いと言うことだと思います。 いわゆるボックス内で大きく値が動くからキャピタルを狙うのに分かりやすいからそれを待ち構えてる人も居ると思います。

また配当金と逆日歩取り目当てに信用買いで入っている人もいるから。素人にはちょっとリスキーなハイテクニックですね。優待と言っても色々な取引があるんですよ。ちなみに私はクロスと現物しか経験は有りません。

0

企業の立場から考えると「コーポレートガバナンス」の観点から 「持合い株=政策保有株」の解消が迫られております。 長期保有の安定株主としての個人投資家を増やすため、 近年3年以上継続保有でアドバンテージのある株主優待を 実施する企業が増えているような気がします。 結果的に敵対的買収対策にもなります。 個人投資家の目線では、配当金は源泉徴収(20.315%=所得税+住民税+復興特別税)されますが、クオカ・金券類・カタログギフトなどは非課税扱いとなりメリットがあります。

0

このみですね OLCやサンリオ マック 優待券目的で株式投資しています あとは 配当金や 地元企業 すきなところ それぞれ 自由に投資をすればよいのですから 気にする必要ないですよ

0

私は、株主優待の権利確定直前に売ってしまいます。 株主優待や配当の権利確定後は、その分の価格が下がります。 逆に、下がったところで買い、権利確定前に高くなっていくのでそこで売れば、優待はもらえませんがわかりやすくお得にはなります。 また、繋ぎ(つなぎ)売買なら、優待をもらいながら損を最小限に抑えることもできますのでお得です。 主婦や初心者の方々が優待目的で売買しそうな、クオカード、100円ショップの優待券、食品、美容品、航空会社などは、優待の権利確定前後にわかりやすい変動をするので見てみると良いと思います。