大河ドラマ「青天を衝け」でなぜ渋沢栄一は浮気して孕ませたんでしょうか。

ドラマ | 日本史1,233閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

女癖が悪いのが良く解りました。

お礼日時:2021/11/26 23:39

その他の回答(6件)

0

ID非公開

2021/11/22 12:39

妻以外の女性に自分の子をはらませるということに対する価値観が今とは違っていたのです。 古くは貴族やお武家さんは、正妻のほかに側室がいましたよね。本来は家を継ぐ男を絶やさないためでしょう。昔は乳幼児の死亡率が高かったし、母親の出産も命がけでしたから。 皇室も代々皇后以外に側室システムがありました。側室が生んだ子が天皇になっているケースもあったわけです。昭和天皇がそのシステムを拒否して以降皇室の側室システムはなくなりました。 戦後も社会的ステイタスのある男達が妻以外に女性を囲っているケースはまあありましたよね、、、4~50年前くらいまで、「男の甲斐性」とか言って。 渋沢栄一はお盛んなことで有名で、一人目の妻がコレラで亡くなり後妻をもらって生涯に正妻二人から授かった子が7人、お妾さんの子が4人で、はっきりわかっているだけで子は11人とされているらしいですけど、それ以外にももっといるだろう、とは言われてます。大河ドラマになると聞いて、「女好きの部分をどこまで描くんだろう?さらりとスルーするのかな?」と思ってましたが、ソフトに描かれたのかな?

0

ドラマの中では子どもがたくさん欲しいと言ってました。 幕末にたくさん人が死んだので、たくさん子がいた方がいいと思ったという事です。 ドラマでは女癖が悪いというイメージはあまり出さずに子ができた愛人を奥さんと一緒に住まわせるという有名エピソードだけを取ったのだと思います。また、私は詳しく無いですがその娘さんが有名みたいでそういう方がいるならカットするのも変だと思います。 私は吉沢亮さんが女性を誘惑するような場面もちょっと見てみたかったと思います。

0

なぜというかそこに女がいるからでしょう。 英雄色を好むというか。 それにしてもこのご時世渋沢の女癖の悪さまでドラマにするとは思わなかった。 戦国武将でさえ最近は側室の少ない或いはいないと言われる人を主人公にしているくらいですから。