なぜ百貨店のメガネ売り場のレンズはあんなに高いんですか?TANAKAの倍します。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/11/21 2:43

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ベリーナイス

お礼日時:2021/11/22 8:01

その他の回答(3件)

0

いいレンズ使ってるからですよ。 私は写真や動画を撮るけれど、一本300万円くらいのレンズは全然違いますから。明るさも描写力も、別次元。もちろん、レンタルだけどね。 普段使ってるやつも安物ではないけれど、やはり違う。

0

基本的に値引きしない。 しても元々が価格の高いレンズだから。 この手の店の取扱いはNikon/HOYA/SEIKO等の国内第1級のブランドメーカーが多い。 質と機能は高いですけどお値段も高い…訳ですよ。 以上です。 (メガネ歴50年、近視/乱視/老視) <(_ _)>

0

同じフレームで……ということでしょうか? そうでないなら、違うフレームで高めのものが並べられていれば、見た目上も、実際にも高いことは当然のことですね。 同じフレームである場合、そのメガネが作られる過程において提供されているサービスが違うということになります。 知識や技術面だけでなく、接客応対まで含めての「サービス」ですね。 また消費者の中には、「安い物を買うのが恥ずかしい」と考えている層があるのは事実です。 百貨店は、そうした消費者に対して満足のできる商品を提供しています。 眼鏡もその一環ということです。「安くしない」ということは、「その商品を購入する過程や結果における価値を下げない」ということです。そのための商品群であり、そのためのサービスであるということですね。