「資本金の額が3億円,最終事業年度末日における剰余金の額が1億円である会社において,翌事業年度中にその他資本剰余金の額が5000万円増加した場合には,当該翌事業年度末日までに剰余金1億5000万円を資本に組み入

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2021/12/1 13:49

その他の回答(2件)

0

最終事業年度末日は、 資本金の額が3億円 剰余金の額が1億円 その他資本剰余金の額が5000万円 翌年期初には、 資本金の額が4.5億円(+1.5億円) 剰余金の額が0億円(-1億円) その他資本剰余金の額が0万円(-5000万円) ※最終事業年度末日に登記を行った場合です。 登記を持って効力が発生します。