本日、会社の車のタイヤ交換(夏→冬)をしました。 ナットの締め付け過ぎは良くないと言いますが、力加減が未だに疑問です。 「ギュッ!とやればそこでOKだよ!」

車検、メンテナンス205閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

実際横で教えないと文では難しい。 多分タイヤが斜めになってる状態で最初のナットを締めてるのでしょうね。 インパクトのトルクも不明ですから何とも言えませんが、後からレンチで増し締め出来ないならインパクト強いです。 強く締めれば良いって訳では無く(ボルト伸びて損傷に繋がる)、適正な値がある。 とは言えそこから少し強く締めようとどうにかなる訳では無いので、適当な力でちゃんと締まっていたら問題は無いんですけどね。 当方はあんなところでトルクレンチを使った事が無いです。必要性が無いからです。 会社の車が何か知りませんが、新車のナットを外す経験をすればどんな力で締まってるか理解出来るんですけどね。 あと教える人がいい加減だと質が悪い。 ギュとかギギーとか大概締め過ぎな場合が多いと思います。 トラックでも無い限り十字レンチで十分であり、延長するパイプも不要です。 一般的な成人の力があれば誰でも出来る作業ですから。

0

インパクトで1発目から締めると垂直でませんよ。 十字レンチで当たるところまで回し込んで、対角に繰り返して、手で締められる程度に締めます。 車載レンチの場合、体重60kgの男性が、握って上体の体重を使って90度(レンチの柄が水平)から押し込む程度が適正トルクです。 足で踏んだらオーバートルクです。 そんなもんなんです。 思いの外弱めでしょ? 十字レンチでも同じです。 上体の体重かけて、肘を曲げずに押し込めばそれでokです。 軽四ならもう少し弱くても構いません。 インパクトを使いたければ、ガガガって何回も打ち込むんじゃなくて、ガガって2回ぐらい打ち込んだら次に行きます。 それでも強いと思うけど。 てっちんホイールは、変形しやすいので、締めすぎてはいけません。