回答受付が終了しました

CPUの MIPS = Million Instructions per second の命令単位って具体的にどういうものですか?

C言語関連 | 工学105閲覧

回答(3件)

0

浮動少数点の方はFLOPS(フロップス)という単位で測ります。 1秒間にどれれくらいの浮動少数点の計算が出来るかの単位です。メガFLOPS、ギガFLOPS・・・・ スーパーコンピュータの能力はこちらで表される。 浮動少数計算ユニットや乗算回路、除算回路がない場合、浮動少数の計算が何スッテプぐらいになるかな?知りません。 Core i7 とか i9のこともしりません。

0

コンピュータの基本ビット長が32ビットとか64ビットのものではその長さのデータまで1命令で処理ができると考えられます。 現在のパソコンでは64ビットが主体ですね。 浮動小数点数の演算では命令の組み合わせの演算の内容で必要な処理時間が異なると考えられます。 加減算などは基本演算なので基本命令としての処理時間になるでしょう。 ですのでMIPS という単位ではどのような命令かが明らかにされて、その条件で値が有意になっているはずです。 実際のプログラムの処理時間はMIPSが判っても単純には計算できないということでしょうね。

0

>「レジスタに4バイトの 整数値を入れる」とかは 1 Instruction ですか? Yes >8バイトになったらどうなりますか? 1 Instruction >単純な足し算をするのに、何 Instruction 必要ですか? 1 Instruction >浮動小数点の演算だと、Instruction 数はどうなりますか? たぶん、1 Instruction 一応、↓にリファレンスがある。 https://www.intel.com/content/www/us/en/develop/download/intel-64-and-ia-32-architectures-sdm-combined-volumes-2a-2b-2c-and-2d-instruction-set-reference-a-z.html ただし、上記はすべて、Instruction の話であって、各 Instruction の実行に必要なクロック数はまた別の話であることに注意。