ID非公開

2021/11/22 0:27

33回答

マリー・アントワネットは四人も子供産んだそうですが1人知的障害がありましたか?

補足

回答ありがとうございます。間違いでした。

世界史 | 海外520閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございます!

お礼日時:2021/11/26 11:36

その他の回答(2件)

5

いいえ、ありません。 読み違いでしょう。知的障害のある子供はいません。 長女は「 マリー・テレーズ」は、一緒にタンブル塔に幽閉された後、捕虜交換でオーストリアに解放された人物で、後に復古王政の甥と結婚して、アングレーム公爵夫人(1778年12月19日 - 1851年10月19日)となってます。子孫なし。 長男の「 ルイ・ジョゼフ」は、最初の王太子となりますが、革命前に結核で病死して(1781年10月22日 - 1789年6月4日)ます。カリエス云々は結核菌による症状のひとつです。 次男の「ルイ・シャルル」は最初ノルマンディー公爵、兄の死後に王太子となり、タンブル塔で病死して(1785年3月27日 - 1795年6月8日)ます。王党派によるルイ17世とされてますが、正式な即位はしてません。彼も結核と栄養失調が死因といわれてます。監禁による症状で精神を病んだともされますが、後天的な症状であり、先天的障害ではありません。 次女の「ソフィー・ベアトリクス」は夭折(1786年7月29日 - 1787年6月19日)してます。

5人がナイス!しています

3

マリー・アントワネットの子供のうち、ルイ17世は精神的に繊細であったとされるが、他の点において先天的な大きな障害があったような話は無いと思われます。 4人目の女の子は生後間もなく結核にかかり10か月で亡くなったので、知的障害があったかなかったか不明。 長男のジョセフは幼くして結核にかかり、これが進行して脊椎カリエスになり、背骨が曲がってしまいコルセット生活を余儀なくされた上、余命宣告を受け7歳で死去しています。 次男のルイ17世はルイ16世処刑後、急速に待遇が悪くなる中で体調を悪化させていき、特にマリーアントワネット処刑後は多くの虐待を受け、多くの疾病を発症。 精神状態も悪くなっていき、2年後に10歳で没しました。 しかしこれを革命政府が隠蔽したため、その後生存説が根強く残ることになります。

3人がナイス!しています