就活。事務職の志望動機の書き方ついて。

就職活動79閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

いまどき、事務職でも、あらたなシステムの導入により人間の仕事量を半減させて、業務量の低減とコストカットとか、AIを用いた効果的な営業戦略の創出による、営業マンの人員削減とか。 いくらでも、利益がだせる仕事があると思うのですが。 いったい、どんな事務職をやるつもりなのでしょう。 その企業でなくてはいけない理由なんか、なくても大丈夫ですよ。 自分が、活躍できると思ったからで十分です

1人がナイス!しています

0

まず事実で事務職は新卒正社員はあまり採用しません。 事務職でも総務や人事部などノンプロフィット部門は社内異動により人員を確保するケースが多く、新卒や中途入社など少ないです。 ぶっちゃけ事務職なんてエクセルやパワポ出来る人なら誰でもいいって会社もあるぐらいなので新卒や中途で取らないです。 派遣社員を探すか社内公募で賄います。 どうしても事務をやりたいなら派遣会社に登録して事務職として企業に派遣されるのが手っ取り早いです。

1

私は営業事務やっているのですが、事務にもいろいろありますよね? ・実際どんな業務をするのか ・どの部署に配属予定か この辺を突き詰める必要があるかと思います。 社員に対する事務作業なのか、顧客に対する作業か、社外なのか… また、コミュニケーションが主なのかPCなのか電話なのか、とにかく経費削減とIoT化で簡単な事務はなくなりつつありますのでしっかり調べた方が良いでしょう。記載がなければ、企業に具体的な職務を聞くのもアリだと思います。 頑張って下さい。

1人がナイス!しています

0

たしかに事務職は直接的な利益を与える訳ではありません。 しかし、間接的な利益を与える事ができる職です。 例えばミスを減らす事で、結果的に企業に与える損失を減らします。(結果的に企業の利益となります) 次に、ルーティンワークであっても、そのやり方を常に見直し・改善していく事でコスト軽減させる事ができれば、それも企業にとって利益となります。 例えばそういう事を受け入れてくれる社風があるならば、その事を志望動機に記載してみるというのは一つの方法かと思います。 後、これはあなたもご理解されていらっしゃるかと思いますが、事務職が事務をするからこそ、営業職や技術職が自身の業務に専念できるのです。 そのことをよく理解している企業か否かは、企業の研究や(最近は厳しいですが)OB面談などを通じてなんとなく風潮がわかるかと思います。それらを志望動機にされるのも良いかと思います。