ID非公開

2021/11/24 1:31

88回答

鬱と自律神経を病んでいるシングルマザーです いままではなんとか転職を繰り返しながら正社員で頑張ってきましたがついに限界となりました ほぼ寝たきり 外出も人に会うのも無理で、買い物はネットです

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/30 0:29

寄り添っていただきありがとうございました。 自分の中でも施設に預けるのは最終手段ですが、ドクターや自治体からは預けるのがベストと言われています。 まずは自分が生きるためか、子供の人生かを天秤にかけている状況。。 ただ、定職につけないだけで生活保護まで仕事がないわけではなく、逆に悲観しています。 資格もなにもないなら逆に諦めがつくところ妥協できず。。 派遣なら声掛けてもらったりしますけど、不安定な生活になるので。 うつのせいか、何も決められません。。 ただ、あと半年くらいは療養生活できる予定でいます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様にたくさんお言葉いただけてありがたかったです。お一人づつ返信できず申し訳ない気持ちです。励ましや前向きなアドバイスへのお返事が難しく、まだ向き合えないので言葉が見つかりませんでした。ただアドバイスいただけた事は大変ありがたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2021/11/30 8:30

その他の回答(7件)

0

私も当事者です。 あなたが生きてくれていて嬉しいです。 つらいのによく頑張ってるねってほめてあげたいです。 あなたはかけがえのないたいせつなひと。 あなたが生きてくれていて 私は嬉しいです。ほんとうに。 まだ若いあなた・・限界まで頑張ってしまったあなた・・ 思うようにならない自分を責めないで。 長文になります。もし読む元気があれば読んで頂けると嬉しいです 子供のこと★★★★★ 私の子は5歳から18歳まで不登校。 でも私たちは学校に行くことを強制しなかった。 発達障害があっても明るくやさしい子に育ってくれました。 自閉症、アスペルガー、パニック障害の診断書が出されました。 この子たちに学校に行けと言うのは酷です。 この子たちが楽しいと思えることをさせてあげて、怖いこと嫌なことから守ってあげましょうね。 それはあなた一人では辛すぎます。 私の子の場合、5歳から8歳まで県こども家庭センターで、8歳から18歳まで県療育園でお世話になりました。 こども特性を見極めてくれて遊戯療法や親子のカウンセリング、生活が楽なるアドバイス、親の会への参加など、自分はひとりじゃないんだって思えるいろんな支援を受けました。 あなた一人でがんばっちゃだめ。必ず相談してね。 全国にある様々な相談窓口(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/kokoro/youth/consultation/window/window_03.html SNS相談(厚生労働省)。女性専用もあります。 https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/soudan/sns/ 現実逃避したっていい。あなたに生きていてほしいです。 あなた自身のこと★★★★★ 私は20年、うつ病の治療をしています。私の場合も無理をしすぎたので治ることは期待していません。 それでも服薬しながらなんとか働けています。2か月も3か月も働けない日もあったし、部屋で丸くなって動けなくて・・2日も3日もしんどかった日もありました。 焦らなくていいから。あなたはいまは休養が必要なとき。 こころの耳SNS相談 https://kokoro.mhlw.go.jp/sns-soudan/ 経済的なこと★★★★★ いま通っているメンタルクリニックで診断書を出して頂けませんか。 あなたの診断書とお子さんの診断書をもって、市町の生活相談に行ってください。 働けない間も食べて行けるように手続きをしてくれます。 私は収入も多くないし、いまの職場をやめたら雇ってくれる会社は無いとハローワークで言われたし、こどもは24歳になったけど一般就労は無理だし・・生活相談に行きました。 助言頂けて、いま子供は障害年金を受給しています。万一私が死んでも障害年金と生活保護で生きて行けるようにしています。 あなたたちの幸せ★★★★★ 幼く見えても、あなたのお子さんは、あなたが辛い状況の中で精いっぱい自分のことを愛してくれていること、ちゃんとわかっています。 言葉に出すことはないかもしれないです。 でも大丈夫、分かってくれているからね。 幸せって何だろうって思います。 おはよう、強はいい天気ね、こんなことがあったんだよって・・・ こんな日常的なやり取りがどんなに大切なことか、失ってみて初めて分かります。 私がバカだったから子供を追い込んでしまって・・大学卒業時に重度のうつ病になりました。 白く表情のない顔で「もう自分は生きていても仕方ない。死ぬしかない。死にたい」ってな毎日毎日ずっと言い続けて。 子を失うかもしれない恐怖は例えようもなく辛かったです。 ただ生きていてくれさえしたらいい。 2年経った今、死にたいとはほとんど言わなくなりました。 リスカしたっていい、LGBTだっていい、引きこもったっていい、あなたはあなたのままでいい、あなたはわたしのいのちなんだよって伝えています。 私はMCIという病気になりました。 最悪1年以内に家族の顔も分からなくなるかもしれない、そう医師に言われました。あれから1年、まだ大丈夫です。 でもいつ自分のことが分からなくなるかもしれない。 だから平凡な毎日を生きられることに感謝しています。 こどもを愛することのできることに感謝しています。 あなたと逢っていろんなお話を聴いてあげたいけどそれはできません。 あなたの聞きたいことがあれば何でも聞いてね。 あなたたちのことをわかってくれて、あなたたちのことを大切に想ってくれるひとたちに出逢えます。きっと出逢えます。 あなたはひとりじゃないからね。 悲しみを知ってるひとのやさしさは、悲しみをしらないひとのやさしさとは違うと思う。辛い想いをしてきたあなた。 ひとのこころの痛みに寄り添ってあげられるひとだと思います。 強くなんかならなくていい。やさしいままのあなたでいてほしいです。 あなたのこと こころから応援しています。 幸せになってね★ https://www.youtube.com/watch?v=mo3pav9Ux7k

画像
0

私はうつ病と自律神経の失調の治し方について説明いたします。 病気が治れば、前向きな考えや選択ができますよね。 うつ病も自律神経の失調も、多分、なかなか治らない病気と思われていると思いますが、治りますよ。 多分、あなた、首・肩・背中、などこっているとおもいます。猫背・ストレートネックなどと言われたことないですか。 こっているとすると、うつ病も自律神経の失調も、そのこりが原因です。 多分初耳だと思います。だから、今まで治らなかった、治せなかった、お医者さんも!です! 身内に鍼灸師がおりまして、これらの症状を治しています。特に最近、コロナの自粛生活の影響か、うつ病やうつ病のような患者さんが多く来られます。 鍼灸の世界では、うつ病や自律神経の治療は当たり前の治療なのです。 もし受けるのなら、返事いただけますか。鍼灸院の選び方説明いたします。選び方があるんです。 今は無理でしょうが、早く治して、次のステップに進んでください。

0

こんにちは。 いろいろ考える前に自分はどんな風に生きたいか紙に書いてみてください。 お子様がいると自分の事は後回しになってしまいがちですが、自分の事を優先して考えてもいいと思います。 子どもはママが幸せだと子どもも幸せな気持ちになります。 2人で時間をつくって、お互いの気持ち書いてみたら何か見えるかなと思います。 絵を描くのもいいですね♪ 不安になったり考え事をしてしまう時はお薬を飲んで早く寝て、ゆっくり休んでくださいね。

0

施設って児童養護施設の事ですか? それとも放課後デイサービス? 障害者施設? お子さんかなり重度ですよね 福祉に頼った方がいいのでは? 質問文を読んでいる限り成長しても普通のバイトすらできない感じですよね おそらく、あなたが一生面倒を見る形になると思いますがそれは大丈夫なのでしょうか…? 向こうの親に〜と言いますが、重度の発達障害のお子さんにそんな事わかりませんよ 大学も行けないだろうし、どっちに育てられても変わりません それに向こうの親御さんはすぐに福祉施設に入れると思います 福祉施設を頼ってはいかがでしょうか? 障害児を持つ親御さんは全員と言っていいほど福祉施設を頼っていますよ 市役所に福祉施設に子供を入れたいけどお金がないと相談してください あなたに罪悪感があるなら放課後デイサービスでもいいじゃないですか 放課後デイサービスは朝昼は施設で過ごして夕方は家に帰るような感じのシステムです どんな親に育てられても発達障害(重度)があるのであなたのお子さんはわかりません 何が幸せか、不幸かも なのでそんな事は思わないでください 私はきついことを言っていますが、全部正論なので受け止めてください 仕事は転々としていいです 何十箇所も行ってれば自然と自分に合うところが見つかります

0

人生は、それぞれの人が その人のレベルで成長できるように 計画されています。 ですから、常に・・・常にですよ! 「今はどんな事を、学んでいるのか?」・・・と 考えながら生きれば良いですよ! そう考えるだけで、かなり変化が出て来ます。 輪廻転生の事を研究されている ホイットン博士の言葉です。 一番重要なのは、今回の人生で 私達が置かれた境遇は 決して 「偶然にもたらされてものではない」 と言う事です。 私達は、私達自信が 霊界で肉体を持たない時に 選択したことによって 今回の人生がある程度決められています。 (人生の計画の事です) そして、どのような心がけで 人生を生きて行くかによって 悪運や良運がめぐって来るのです。 たとえ現状が いかに困難な境遇にあっても その境遇に身を置いたのは 他ならぬ 自分自信であることを知り 試練や苦難のなかにこそ 学び、成長するための 最大の機会があると 挑む勇気が必要です。 和Yogiさんの動画です。 https://www.youtube.com/watch?v=lsEx82P6H8I