京王線でジョーカーに憧れて事件を起こした人いましたよね あの事件の後にどんなもんかとジョーカーの映画を見たのですが、憧れる要素がどこなのかさっぱりわかりませんでした。

外国映画 | 映画221閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

1

「ジョーカー」の主人公ではなく「ダークナイト」のジョーカーですよ。 犯人の着ている衣装は「ダークナイト」の中のジョーカーが着ているものと同じデザインです。 「ダークナイト」のジョーカーは当局側を大いに翻弄する者として描かれていました。ジョーカーを演じた俳優はヒース・レジャーで、映画公開当時、まるで本物のジョーカーが憑依したようだと演技が絶賛されましたが惜しくも亡くなっています。

1人がナイス!しています

1

この犯人は、いわゆる「自分が無い人」なのだと思いました。 何でも他人の真似ばかり。 ジョーカーに憧れたと言いつつ、やった事の内容は この事件の前に起きた小田急線の事件の模倣。 あのタバコを「ふかしている」姿、見ましたよね? タバコ一つまともに吸えない。 だいたいジョーカーに憧れたのなら キチンとタバコを吸えばいいのに 初めて興味本位でタバコを「ふかす」中学生かよ。 タバコすらまともに吸えない、ただの真似っ子。 (タバコを推奨しているわけではありません) 今まで、他人やヒーローに「憧れる」だけで 何一つ努力をしてこなかった結果が この犯行なのかなと思いました。 ホアキンジョーカーに憧れる要素は確かにありません。 強いて言えば、ホアキンの演技力。 そういった意味ではカッコよく見えました。

1人がナイス!しています

0

口実なんです。ジョーカーを見たから俺はおかしくなりました、みたいな言い訳なのです。 だから、ジョーカーは上映中止とか放映禁止とかレンタル禁止とかにはなりません。関係ないんです。

2

いや、なんとなくわからない? 生きづらい世の中をぶっ壊したい的な もちろん京王線事件はクソだしジョーカーも肯定してないけど ロマンがないね

2人がナイス!しています