各種原材料をはじめ、輸入品物価が上昇しています。また外国為替の主体である米国の金利上昇がみられ、 それに伴い、外国為替が円安にふれ、1ドル125円となり、今後1ドル140円に向かうと思われます。

補足

原子力発電所再稼働には、 円安防止効果があります。 輸入インフレが加速する現在は、 円高を保つのがが望ましいと思われます。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

原子力発電所再稼働には、 円安防止効果があります。 輸入インフレが加速する現在は、 円高を保つのがが望ましいと思われます。

お礼日時:2021/11/30 10:45

その他の回答(1件)

0

原発は、 1.事故が起きなくても放射性物質を大量に放出し、事故が起きると核兵器より膨大な放射性物質を放出し、健康被害も事故対応費用も膨大になる。 2.運転すればするほど大変厄介な放射性物質を大量に作り出す。 3.天然ウランの濃縮や核燃料被覆材の製造のためのハフニウム除去など、核燃料の製造や再処理や使用済み核燃料と高レベル放射性廃液等の冷却等のために大量のエネルギーや施設が必要になり、大量の二酸化炭素を放出するとともに大量の自然破壊を行っている。 4.使用済み核燃料の長期間の冷却や再処理や廃炉や高レベル放射性廃棄物の超長期保管等のように、国民が見えにくい所で非常に多大なコストがかかるので、国民に大きなつけが回って来ている。 5.熱効率が悪くて海水を温めるので、水蒸気を大量に発生させて地球温暖化と豪雨の原因になっている可能性がある。 6.3.や4.や5.によって地球環境を破壊するとともに、地球温暖化の最大の原因になっている可能性がある。 7.核兵器の元となるプルトニウムを作り出す。 8.地震に非常に弱くて、地震で数多くの原子炉が再起不能になった。 (東京電力だけで言えば、17基中15基が地震で再起不能になったと私は考えています。) 9.原発の稼働のために高額な地方交付費用がかかり、原発推進のための宣伝や広告などための費用も非常にかかる。 10.ウラン資源の枯渇対策として再処理を行ってプルサーマル運転を行うと、事故の可能性と事故の規模が大きくなり、長寿命の核種を含む高レベル放射性廃棄物が増えると思われ、使用済みMOX燃料の冷却期間がどれだけ必要かはまだ分かっていないようである。 11.輸入MOX燃料はウラン燃料の10倍程度の価格ではないかという話があるようである。 12.原発の稼働や事故対応作業や除染作業等で被曝労働が必要になるため、原発労働者の健康を犠牲にしなければ原発は成り立たないが、MOX燃料を使用すると、中性子による被曝量がさらに増加する。 13.使用済み核燃料の保管場所が無くなってしまい、どうにもならなくなっているので危険を処置でリラッキングを行っている原発が多いが、リラッキングによって危険性が高まり、事故の規模が大きくなる。 (私は、福島第一原発の4号機はリラッキングを行って大量の核燃料を核燃料プールに詰め込んでいたため、地震で核燃料プールに亀裂が入って核燃料が冷やせなくなって部分的にメルトタウンして水素爆発が起きたのではないかと思っていますが、福井の原発の使用済み核燃料は早くて2030年には核燃料プールが満杯になって置く場所が無くなってしまのではないかという話もあるようです。) 14.電力を原発に依存してしまうと、原発事故が起きた場合に十分な電力の確保が全く不可能になる。 (この事は、福島第一原発事故で十分実証済みです。) というものだと思いますので、原発は再稼働しないほうがいいと思いますよ。 尚、多くの日本人は福島第一原発事故を経験して放射能の恐ろしさを身をもって知ったから、原発作業者の確保は難しいと思いますが、低線量被爆でも癌の発生率が上昇する事は、 https://www.huffingtonpost.jp/nature-publishing-group/radiation_b_8254078.html https://www.afpbb.com/articles/-/3180146 を見てください。 また、福島第一原発事故以降、甲状腺癌や乳児の複雑心奇形が増えたようですので、 https://noimmediatedanger.net/contents/574 https://univ-journal.jp/25180/ も見てください。

この返信は削除されました