お腹を下すことが多く、体調不良も多いので腸活を始めようかと思っています。

病気、症状91閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

新ビオフェルミンは整腸薬です 乳酸菌ですのであと腸の三か所に効くビオスリーとザ・ガードなどあります その人によって効くのも効かないのもあります

0

32本の歯形に従った食生活にすれば、正常な排便になります。 正常な排便であれば、 大便には、悪臭がなくて、便器や紙が汚れないスムーズな排便になります。 人間は、何を食べるようになっているのか?… それは、歯型を見れば、簡単に解ります。 歯型に従った食生活であれば、 癌などのような生活習慣病になることはありません。 人間の歯型は、32本生えるうちの、 20本(62.5%)が、臼歯(穀物を食べる歯型)、 8本(25%)が、門歯(野菜・海藻を食べる歯型)、 4本(12.5%)が、犬歯(魚を食べる歯型)です。 ●人間には、肉食の鋭く 尖った歯がありません。 人間は、肉食ではありません。 肉食動物は、気が荒く、 他の動物に危害を加え、非常に➔短命です。 草食動物は、気が穏やかで、 他の動物に危害を加える事がなく、非常に➔長命です。 このように毎日、食べる食物によって性格や寿命が違うように、 食べる食物によって、病気にも 健康にもなるのです。 精進料理を食べる禅宗のお坊さんは、 心が穏やかで、肌がキレイで、非常に長生きをしています。 人生50年と言われていた時でさえ、 永平寺のお坊さんは、80歳90歳と長生きをしているのです。 精進とは、米+青+進→お米と青菜を食べて生きていくとの意味です。 一度、永平寺などに行って、自分の目で 確かめて下さい。 人間の体は、自分が口から食べる 食物だけで作られています。 人間が 頭で考えた学問で判断するよりも、 毎日の 大切な 便りが、自分の食べた食物が、 良いのか悪いのかを 教えてくれているのです。 昔から、乳児の健康状態は ➔大便を見て判断していましたし、 動物園の動物の健康状態は ➔大便を見て判断しています。 飼育係は、毎日、動物にエサを与え、毎日、動物の大便の掃除をします。 少しでも、いつもと違った大便の時には、 すぐに獣医に報告をし、すぐに獣医は処置をします。 だから、動物が大きな病気になる事がありません。 *良い食生活であれば、 大便に悪臭(腐敗臭)がなくて、 便器や 紙が汚れないスムーズな排便になります。 *悪い食生活であれば、 大便に悪臭(腐敗臭)があって、 便器や 紙が汚れて、便通異常が起きるのです。 犬や猫を見れば、 大便の後に紙で拭きませんが、肛門はキレイです。 人間の場合も、同じようにキレイなのです。 犬や猫は、ヨーグルトなんか食べていません。 戦前には、癌や心臓病は、ほとんどありませんでした。 その頃の食事は、丼飯に味噌汁と漬物でした。 まさに、32本の歯形が教える食生活をしていたのです。 戦前の写真を見れば、肥満体の人間などいませんでした。 何故、便通異常になっているのか、 その原因を考え、その原因を解決する事です。 原因を解決しないで、対症療法に頼っても、 根本原因を解決する事はできません。 冷静に、物事を眺め、自分の頭で考えて見て下さい。