日本の海岸近くの海底にはどうして海底林が多いのでしょうか?

植物 | 地学58閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

大陸の端の日本列島を作る岩場なんて大陸次第、プレート次第で、浮き沈みのあおりは多くあるのでは? 海底生物の化石や恐竜の化石 そういったものが山から出る事態、地盤が浮き沈みしている証拠 段層なんて表面の堆積層 堆積層がづれるということはその下の岩盤が割れたということ 岩盤が割れたということは、その岩盤の下の岩盤も変わったということ、 それが変わったということはその下から変わってしまっているということ。 岩盤もいろんな石質がある。違う石質が同じような割れ方をしない。 地下にはいろんな割れが存在しているわけだ。 そしてそれらがいろんな形で重なっているといっていい。 マントルから一枚の岩盤が地表まで届いているわけではない。 海にいるものが山にあるのなら、海抜分の動いたわけだ。 動いた分、下に何かが継ぎ足されたのか、入り込んだのか? 溶岩? 造山運動っていろんなタイプがあったと思うが 溶岩が入り込んで山を作るイメージが強い。 でもプレートや岩盤はマグマオーシャン時のイメージじゃないのかな 島はともかくある程度の陸地は元ある形からの変化とみるべきだ。 ならば考え方、岩盤は板、右端が上がれば左端が下がる。 圧による岩盤の割れや盛り上がり 山が岩盤で出てきているのなら岩盤が斜めになっているわけだ。 なら下の岩盤の割れ方で上に乗る岩盤が傾くことは十分あり得る。 地殻変動により土地の形状が変わったと考えるべきなんだと思う。 土地が斜めになれば、乗っていた堆積が流される。新たな堆積の形を生む。 それによる石化もある。海底林として成立する流れになるのでは? 何でも氷河期や海退に関連させるべきとは思わない。