ID非公開

2021/11/26 0:55

44回答

失業保険と雇用保険の違いを教えてください。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/12/2 23:00

その他の回答(3件)

0

正式な名称は、「雇用保険の基本手当」です。法律の名称も「雇用保険法」なのですが、昔の名前である「失業保険」が綿々と、そのまま使用されています。 1975年4月1日に「失業保険法」が「雇用保険法」に変わりました。 現在、ハローワークでも苦労しており、説明会では、口頭で「失業保険」と言って説明をしています。当然ながら、配布された資料では、全て「雇用保険」と表記されています。 私は、ご質問と全く同じ質問を受けた場合には、上記のように法律の歴史で説明する訳には行かないので、「雇用保険には、失業保険以外に、教育訓練給付などの様々な給付がある」と回答しています。 本心では、「失業保険」は正式名称ではないので、法律通りに「雇用保険」を使うべきだと思っています。

ID非公開

質問者2021/12/2 23:02

あなたの回答は不要だと何度も申しています。 今回はまともな回答ですが、以前はおちょくるような変な回答をされて非常に迷惑でした。

0

失業保険は通称です。 本来は雇用保険の失業給付です。

0

言い方の違いだけです。 一般には雇用保険と言って一定規模の事業所は従業員を加入させ、会社が保険料の半分程度を負担しなくてはいけません。 失職したときは求職給付金がでます。これが皆さんが失業保険とか雇用保険とよんでいるものです。 名前の通り、あくまでも就業の意思があり、できる状態であって初めて給付されることになります。