永代供養ってよく聞きますが,お墓とか仏壇は必要ないんですか? お墓もなく,仏壇もない場合です。 骨壺は49日忌のあと納骨ができませんので そのままお寺様等にあずかって頂けるのでしょうか?

葬儀 | 宗教358閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ten様ご回答ありがとうございます。 骨壺をお寺様に預ける=永代供養の意味だと恥ずかしながらそう思ってました。 永代供養をすると○○万円~100万円位は最低掛かるそうなので その後の法事(初盆や1周忌・3回忌・7回忌・13回忌・17回忌・23回忌・27回忌・33回忌・37回忌・50回忌)のお寺様へのお布施やお墓代や仏壇代を考えれば実際どうなのかなと思っていました。 管理ができるかできないか・・・・・確かに考えさせられますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答者の皆様親切にお答えいただきありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:2021/12/4 1:13

その他の回答(2件)

1

「死者の命は生ける者の記憶に留まる」(ギリシャ哲学者 キケロ) つまり、ご先祖は知れる人の心の中におられるということです。 また、今日の科学の発達により命はDNAによって継がれていくことが知られるようになりました。 先祖のDNAはあなたの中で働いていてそれによってあなたは生きているのです。 つまり、心的にも身体的にもあなたの中で生きておられるということです。 そのことを知れば、先祖のために墓も位牌も仏壇も必要ありません。 しかし、それらは故人を偲ぶ縁となりましょう。

1人がナイス!しています

1

お墓は必要ありません。後に見てくれる方がいないなら、尚更ない方がよいです。亡くなられた方がお墓に縛られてしまい、うまく成仏できなう場合があります。ただ、お墓にこだわる仏さんもいます。大事なのは生前のご本人の意志、墓守の家族の有無です。 仏壇はあった方がいいです。位牌は特に必要です。それも跡継ぎがいないなら私なら知り合いのご住職さんにご永代供養と海に散骨をお願いします。戒名はいりません。 ご家族がいらっしゃるなら一度話し合われてくださいね。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 永代供養をすれば,その後の初盆や法事等もお寺様の方だけで行っていただける?という事でしょうか。 ※永代供養となればお寺様が初盆や法事等に家に来ないという事になると思うので・・・・仏壇はいらないのではないかと 勝手に解釈していました。