回答受付が終了しました

picマイコンはピン数が多くなると電源電圧に4.0v~5.5vを必要とするものが多いですが、電源はどうやって用意するのですか。

工学 | C言語関連332閲覧

回答(5件)

1

AC100VからDC5VやDC24Vへ変換するスイッチング電源(パワーサプライ)なんてどうでしょう。 オムロン、IDEC、TDKラムダなどいろいろあるよ。 直にDC5Vのもあるし、DC24Vが必要な入出力があるなら一旦DC24V用を買ってDC24Vから三端子レギュレータかDC-DCコンバータなんかでDC5Vへ変圧するかな。 学習程度なら、単三乾電池DC1.5Vを3つ直列に繋いでDC4.5Vもできるし、DC9Vの乾電池も電気屋に売ってるのでDC9VからDC5Vへ三端子レギュレータなんかで落としても良いし。 何でもできるよ。

1人がナイス!しています

3

>>picマイコンはピン数が多くなると電源電圧に4.0v~5.5vを必要とするものが多いですが、 認識がおかしい。ピンの数とは関係なくマイコンを含むICは4.0v~5.5vで動くのが普通。小規模のマイコンはピン数が少なくなると事実と、小規模なマイコンはその用途から省電力が期待されるから電源電圧も3.3Vといったように低くなるように作られているというのが正しい解釈です。そういう因果をごちゃませにして、ピン数が多くなると4.0v~5.5vを必要とするという見方はでたらめ以外の何物でもない。 >>電源はどうやって用意するのですか。 5V出力のAC-DCコンバータやDC-DCコンバータ、レギュレーターICなどを使えばいいだけです。スマホのモバイルバッテリーもそのくらいの電圧をだすし、PCを壊してもいいならUSBポートからとってもいい。

3人がナイス!しています

1

>ピン数が多くなると ってわけではなく、古来からデジタルロジック回路は5Vが標準。 TTLって言葉は聞いたことないかい?死語に近いが。 それ以下の低電圧は省エネでの対応。 >電源はどうやって用意するのですか 電子工作レベルなら、7805をお使いなさい、ってのが普通。

1人がナイス!しています

1

電子工作とかなら一般的にACアダプタでしょう。単3のような電池を3本とか。 販売するような製品ならマイコンを乗せる基板とかに100Vなどから5Vに落とすような部品を組み込むとかもあるでしょう。

1人がナイス!しています