車の普通免許についてです

補足

最悪合宿でも大丈夫です!

ベストアンサー

0

その他の回答(16件)

1

お住まいの地位で、提供されているサービスがあるかはわかりませんが、一つあります。 それは、運転免許センターでの直接受験です。これであれば、仮免許試験と路上試験で合格できるだけですので、数万円で取得できます。 ただし、そう簡単なものであれば、自動車学校などが存在する意味がなくなりますので、結構大変だったりします。 そのような場合、自動車教習所と呼ばれるところに通うと、仮免許合格までの費用負担まで、となっているので、安く済ませることができます。そういうところで技能教習を受けて、試験は運転免許センターで受験することで、合格に近づけることになります。

1人がナイス!しています

1

一発試験(飛び込み試験)しかないですよ。 15万円で取れるかどうかはあなた次第です。 お金がかからない分だけあなたの努力が必要です。

1人がナイス!しています

1

飛び込みしかないです。 その場合、仮免の実技が一番難関になりますが、 AT限定なら難易度は低いです。 MTでも、裏メニュー的に時間単価で教習してくれる所が稀に存在するので、 そうゆう所で計8時間程度練習すれば確率はグンと上がります。 仮免が取れたら、公道で練習が出来るので、あとは親を巻き込んで頑張るだけです。 私は、仮免1回落ちましたが、 その方法でトータル10万以下でMT取得できましたよ。

1人がナイス!しています

1

・技能試験が免除される公認教習所を卒業する ・合宿免許 何れの方法をとったとしても、 ・普通免許で15万未満の料金 は日本には存在しません。 よって、方法は1つだけであり、 それは通称「1発試験」に合格することです。 全ての運転免許は、別に教習所に通わなくても、 試験場で行われるすべての試験に 合格すれば取得は可能です。 その方法が通称「1発試験」と呼ばれています。 普通免許の場合、以下が手順となります。 ①市販参考書などで道交法を学ぶ ②仮免学科試験を受験する(要事前予約の場合もあり) ③仮免学科試験に合格し、仮免技能試験を予約する ④仮免技能試験に合格する ⑤仮免許証の発行を受ける ⑥規定の路上教習を行う ⑦本免学科試験を受験する(要事前予約の場合もあり) ⑧本免学科試験に合格し、本免技能試験を予約する ⑨本免技能試験に合格し、取得時講習を予約する ⑩取得時講習を受講する ⑪本免許証を発行してもらう この①~⑪の手順をすべて平日昼間にこなす 必要があります。 試験最難関は④仮免技能試験です。 厳しい試験場での合格率は10%を切ります。 ちなみに、受験者の多くは、過去に免許を取得したが、 ・違反により取り消された ・更新を忘れて免許を失効した という経験者です。 それでも合格率はこんな感じであり、 この試験用の技能対策をある程度実行しないかぎり、 ・10回受験しても合格できない ということが普通に起きます。 多分現役のタクシー運転手さんでも、 何の準備もせずに受験しても、普通に不合格になります。 試験は、 ・運転できるかどうかを見る というレベルではありません。 ・安全運転教本通りの完璧な安全運転ができるかどうか が採点のポイントになります。 そのためには、いずれにせよ、 教習所に頼る必要があり1発試験対策用に、 非公認教習所(届出教習所)というものがあります。 費用は試験が免除される公認教習所よりかなり安いです。 ただし、都道府県によってはこの非公認教習所は 1か所もなかったりします。 またこのように苦労をして仮免許を取得したとしても、 規定の時間数、規定の路上教習を自分で行う必要があります。 ・個人が仮免で運転練習するために 理解すべき法律や規制を自分で調べて理解する ・規定の運転指導員、練習中表示、練習用車輛を用意する ・規定にそって運転練習をする ・万が一の事故にそなえて任意保険も契約する ということをしなければなりません。 ここまで自力で実行できれば、 あとは合格率が高い本免試験のみなので、 それほど苦労はしなくてすみます。 こんな感じなので、 ほとんどの人は、 ・教えてくれる ・早く免許がとれる ・かかる費用の目途がたつ ・平日夜間も土日祝日も対応してくれる ・仮免練習もやってくれる ・事故に備えての保険も万全 という公認教習所(合宿免許)を利用しています。 普通免許の場合、教習所費用は、 通いの場合は30万前後かかります。 ですが、 ・本当にそれが高いのか? ・本当に1発試験は安いのか? は冷静に考えた方が良いですね。 30万は確かにやすいお金ではないですが、 上記のような対応をしてくれた上での費用です。 個人的には高いとは思いませんので。

1人がナイス!しています