30年以上前の話ですが、学童保育で野外イベントの際に雨が降っていると、学童保育の先生が全員を集めて「雨を止ますおまじないをします」と言って、下記を皆んなで唱えていた記憶があります。

小学校 | 超常現象、オカルト93閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます! 正にそうでした! 意外なルーツを知れて嬉しかったです!

お礼日時:2021/11/28 18:56

その他の回答(2件)

0

まあ、実際のところは先生に聞かないと解りませんが、 ベタベタの雨雲が広がっている時は長時間降るけど、特に夏場の入道雲から雨になるときはけっこう短いんですよ。 いわゆる「通り雨」ですね。 なのでニャムニャムやってると自然に止むという・・・ 訂正。以前はそうでした。 最近は通り雨かと思ったら、意外に降り続いたりする事が多くなりました。 ゲリラ豪雨も増えて、もう何がなんだかよくわからないですねぇ。

0

先生のオリジナルだと思います。 なお、「おまじない→雨が止む」とか「おまじない→雨が降る」は、あるあるです。 そのカラクリを書くと長くなるので、こちらのページをご参照下さい。 https://togetter.com/li/209012