エギング。エギの引きおもりについて。 私はヤマシタのエギ王kベーシック3.5号・3号を使い、ロッドはダイワのエメラルダスMXのMを使い、エギングをしています。

釣り152閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!頑張ってみます

お礼日時:2021/12/2 17:10

その他の回答(4件)

1

エギ王Kは潮受けがいいからしゃくり重りが有って当然ですけど、それが重いと思うなら、エギとロッドを変えるか、筋トレしか方法は無いですね。 ドラグで調整するのもありですけど、あくまでもしゃくりはエギを動かすために行うので、パワーがエギに伝わらないと意味がありません。 Mクラスのロッドでドラグをユルユルのするなら、MLやLクラスでギリギリドラグが出る程度でしゃくった方が、エギはしっかり動くし楽ですよ。

1人がナイス!しています

0

使いやすいも何もエギの3.5は春イカの標準サイズになる これが普通に使えないと・・・ 単純に断面積が大きくなるから水抵抗が増えるだけ 4.0になるとまだ重くなる 形状によって抵抗を少なくしてるエギもあるが3.0よりは増える こればかりは振れるように体力をつけるしかない あとは両手で振る 春イカシーズンになると3.5を一日中振ってるようになる 秋イカのドラグ設定は経験による感で引っ張ってみて適当でしゃくってみてドラグの出具合で再調整 今はLを使ってるから普通にしゃくってもドラグは出ない

0

エギ王Kって単にフォールが安定ってだけじゃなく抵抗系のエギで、わざと潮を受けるように造られてるんですよ。 エギの抵抗があるので確かに疲れますが、それを軽減してくれるのがロッドのしなり戻りや、しなりの反発力など力抜けの良さが大事だと私は思います。 抵抗系のエギのメリット↓ ●風や波が荒い時でもレンジキープがやりやすいのも利点です。 ●沈み姿勢が崩れにくいのでイカに警戒されないです。 ●エギをシャクッた際にエギが水を押す波動みたいなものでもイカにアピールします。 ●エギ王Kの抵抗は潮の流れなどの情報を抵抗の強弱として伝えてくれます。 もし抵抗が軽くなったら? もし抵抗が増したら? これも違和感なんです。 コンッやコツッは高音質なアタリでどんなエギやロッドでも捉えることが出来る情報ですが、違和感などのこうした低音質的なアタリは潮を受けやすいエギ王Kが分かりやすいです。 ドラグ設定は人によって異なるので一概には言えないですが、シャクッた時にドラグが鳴るくらいで良いと思いますよ。あとは自分のシャクる力や季節に合ったドラグ設定を身体に覚えるしかないです。

0

多分にエギのノーズ形状のせいだと思いますよノーズ部分がスリムなエギ、例えばEZ-Q® フィンプラス™ ランガンなどである程度解消すると思います。 エギングのドラグの意味は他の釣りとはちょっと違うので、シャクったら少し出る程度で調整し測ってまで調整したことはないですね−。