かぎ針で編み物。私はペン持ちでずっとしていて、最近ナイフ持ちと言うのを知りました。

手芸 | 趣味118閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

針先に力を入れやすいのですね。ナイフ持ちを知り、太い毛糸で先日編んでみたら使い勝手が良かったです。 引き出すのは、手加減ですよね 分かってはいるけど、何となく自分のちょうど、ですると案外短くて 気をつけてみようと改めて思いました。 先生に教わってるなんて、羨ましいです

その他の回答(4件)

0

Tシャツヤーンをきっちり編みたくてペン持ちで編んでたら指が痛くて痛くて無理でした、ナイフ持ちだと硬く編んでも指痛くなりません。 ナイフ持ちだと高さ調整は難しいです。 高さを出すなら調整しやすいペン持ちにしてます。

私もTシャツヤーン、ズパゲッティなど、編んでました。その時はどうしてただろ? でも、ナイフ持ちを知らなかったので、ペン持ちだったかも ありがとうございます

0

編地をぎゅっと硬く編みたいときなどにナイフ持ちをしてます。 ナイフ持ちをするきっかけは、以前ズパゲッティが流行った時。 以来、麻ヒモなどかたいものはナイフ持ち、それ以外はペン持ちです。 糸の引き出し加減は、私の場合さほど変化は無かったのですが、ナイフ持ちは肩や肘が上がるので、いつも以上に肩コリがひどかったです。

私もナイフ持ちを知ってから、最近太めの毛糸で編む時に試しにナイフ持ちにしたら、結構上手くいきました。 逆に細い糸だと、自分は編みづらいかなと思いました。 ズパゲッティ、私も作りました!

0

YouTube見ていたら見かけたので真似して編みました。 ちょっと変わった編み方の時に使っていて、ナイフ型(ていうのかな?)、人差し指を添えて編むほうでないと編めないと思いました。