ID非公開

2021/11/27 10:18

55回答

ユニットリンク介護を契約すべきか迷っています。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく丁寧にご回答いただきありがとうございます! とても参考になりました。 ネットの情報を鵜呑みせずに、 じっくり考えてみようと思います。

お礼日時:2021/12/3 1:12

その他の回答(4件)

0

知恵袋において、この手の質問への適切な回答を得ることは期待しない方が良いと思います。 以上

0

まずBA率30%台の回答は無視でいい それだけ他者から信頼されていない なぜなら嘘ばかりだからだ FPが保険を勧めるのは5%(?)の販売手数料が入るからです。 →これ、保険業界にいた人からすれば笑っちゃうくらいの大嘘のデタラメ よくこんなこと言えるなって感じ ネットでいろいろ調べていたら『掛け捨て+投資信託』のように分けて入る方がリターンが大きいとの情報を見つけました。 →これも大嘘 そもそもユニットリンク自体が「掛け捨ての介護保険+投資信託」と考えていい つまり、買い物としては同じ 何が違うかというと、「掛け捨て」の保険料には差がある 毎月10万円の貯金が、 預金 22,000 ユニットリンク+就業不能保障 45,000 積立NISA 33,000 →このようにしておけば大丈夫だ きちんと何のカネか、を分けてある ユニットリンク介護の問題点は 途中で使えなくはないが 使うと保障が減るということ 途中で使うカネは預貯金と積立NISA ユニットリンク介護は、 将来の介護のカネと考えるなら妥当 ユニットリンク介護は必ず75歳払いにする →でないと介護保険の意味が薄くなる 単に老後の資産の積み立てであるなら iDeCoにすべきだ その方が節税効果があるからだ

2

保険の商品を勧めるFPに対しては、下記サイトをコピーして見せたら、ギャフンと言いますから試してみて下さい。 FPが保険を勧めるのは5%(?)の販売手数料が入るからです。 積立NISAを薦めても、手数料は一銭も入らないので、FPは薦めません。 保険と資産運用は分離する・・・常識です! 保険は<掛け捨て>が一番ですよ。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66490920Q0A121C2I00000/ https://www.youtube.com/watch?v=SnjsvlVSu2Q

2人がナイス!しています

1

死亡保障か介護保障が欲しいなら検討しても良いと思います。 資産運用が目的ならシンプルに積立NISAを行うのが良いと思います。 あくまで私の価値観ですが、保険商品は料金の支払いです。 支払いが厳しくなった場合に一時ストップはありません。 保障の減額か、解約です。 一方、資産運用で定期積立をする場合は個人的なただの積立です。 積立が厳しくなった場合は減額も中断も解約も、その後の再開も増額も自由です。 保険は保障が目的です。 保障が必要なのか? 保障が欲しいのか? そこが判断基準だと思います(^^)

1人がナイス!しています